スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

6/19~沖縄で電話相談とアンケート調査を行います!

 現在、フルキャストセントラルで働く沖縄の若者と共に、沖縄を訪れているガテン系連帯は、以下のとおり19日から沖縄で実態調査を行います。
 ご協力よろしくお願いします。

◎◎お聞かせください。あなたの派遣体験◎◎

■アンケート調査にご協力お願いします。
6月19日(火)午前9時~22日(金)午後3時まで
場所:那覇市および沖縄市のハローワーク前


■「派遣労働ホットライン」を実施します(無料で電話相談に応じます)
6月19日(火)正午~20日(水)正午まで
電話番号
 098-863-5981

 ※実施会場は、全港湾沖縄地本事務所(那覇市通堂町4-22)です。

「本土に行ったら給料や労働条件が違った」――こんな経験をした人はいませんか?
 沖縄の皆さん、私たち「ガテン系連帯」は、自動車、電機など製造工場で働く派遣社員の労働条件工場を支援するNPOです。

 先月、沖縄の若者をだます求人広告と県外派遣の実態について労働局や県に告発したところ、「自分も本土に行ったら条件が違った」、「息子も同じ体験をしていた」という声が次々寄せられました。県外派遣でだまされた経験を持つ人は相当多いようです。

 しかし、どうすればいいのかわからないのでガマンして働いた、泣き寝入りするしかなかったという人が大多数です。

 だまっていては何も変わりません。私たちは沖縄をクイモノにしてきた県外派遣の仕組みを変えるために行動したいと思います。

 そこで私たちは、当面、本土で派遣労働をしたことのある方々の生の声と実体験をできるだけ多く集めることにしました。その第一弾として、無料電話相談と面談によるアンケート調査を開始します。当面、100人の方の実体験を聞き取り、求人広告や、採用・面接・赴任・契約手続、さらには赴任先の労働条件や寮生活について問題点をまとめます。その事実をもとに労働局や県に本格的な改善策の実行を求めていきます。

 なお、電話では、現在起きている労働条件や仕事に関する相談も受け付けます。

 皆さんのご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

2007年06月19日 沖縄 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。