スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日野自動車で最後の延長。

 日野自動車で働く、日研総業ユニオン、フルキャストセントラルユニオンのメンバー全員が8月31日まで契約延長となりました。日野自動車では、派遣受入期間制限の抵触日が9月1日(*)ですので今回が私たちにとって派遣社員としての最後の延長となるわけです。

 派遣受入期間制限が設けられているのは、不安定な働き方である派遣労働があくまで「臨時的」「例外的」に認められた働き方であるからです。そうして、派遣先メーカーがコスト削減のためだけに派遣社員を常に必要な労働力として使うことを制限しているのです。もし常に必要な労働力ならば、派遣先メーカー自らが直接的にその労働者への雇用責任を果たさなければならない、という考え方です。

 そこで、抵触日以降も私たち派遣労働者を働かせ続ける場合、派遣先メーカー(今回の場合、日野自動車)は、その派遣労働者を直接雇用しなければならなりません。また、この直接雇用は、臨時的労働力を担う労働者ではないから成されるわけで、本来のこうした趣旨から言えば、期限の定めのない雇用ということになります。

 ところが多くのメーカーではこの趣旨に反して、契約社員として雇い入れる場合や、日立MDのようにこの直接雇用時代を「偽装」してしまう場合もあります。

 今後の日野自動車の対応に注目したいと思います。

■厚労省「派遣労働者に対する雇用契約の申込み義務について」
 http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kaisei/koyou.html

■日立の偽装直接雇用について
 http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/blog-entry-42.html
 http://www.asahi.com/national/update/0429/TKY200704280255.html

(*)抵触日が9月1日なのは、昨年の9月1日にそれまで出向だった契約が、派遣契約に変えられた為。日野自動車は出向期間を派遣期間としてカウントしてない。
 ・朝日新聞06/10/06:日野自動車、1100人偽装出向 労働局指導で派遣に
http://www.asahi.com/special/060801/TKY200610050395.html

 ・これまでの日野自動車との団体交渉の記録より。
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/blog-entry-10.html
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/blog-entry-25.html
スポンサーサイト

2007年05月31日 日野自動車との団交(派遣のユニオン) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。