スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

鎌田慧さんの言葉

すべてのことが外に向かって実際に動き出した10月27日、私らのために日野まで足を運んでくださったルポライターの鎌田慧さんがニマッとやさしい笑いを浮かべながら私らにこう言った。

「恐れることはないさ、(細切れ雇用なんだから)君らは最初からクビみたいなもんでしょう?」

本当にそうだと思った。
守るものもこんな状況じゃ、守っていけない。
はじめからクビみたいなものなら、ひとつやるしかないか。
それが私らの気持ちでもあった。

また、この日の集まりの後の懇親会の場で鎌田さんはこんな言葉もくれた。

「夢を歩く 苦難もまた夢也」

はじめは大変かもしれないけれどがんばれ、と。

先にすごく不安を抱えていたから、この言葉が本当にそうなればいい、とやけに沁みた。

この間で少しずつ、だが着実にガテン系連帯が広がりつつある。
たくさんの人たちに実際に会った。
会う人、会う人、皆が厳しい状況だが、それでも皆同じようにどうにかこの状況を変えたいと願っている人ばかりだった。

私らすべての苦難が夢に、
そして夢が現実になればいいと本当におもう。

ちょっと言葉が過ぎますが、ブログということで。

yume.jpg

スポンサーサイト

2006年11月08日 日記 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。