スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

3/13、業界団体への申し入れ報告

 3月13日、ガテン系連帯として、社団法人・日本生産技能労務協会(http://www.js-gino.org/)への申し入れを行いました。
 参加者は、日本生産技能労務協会が、三澤榮一常任理事、鈴木績事務局長ら四名、ガテン系連帯は、ガテン系連帯、日研総業ユニオン、フルキャストセントラルユニオン、日立派遣ユニオンのメンバーらが5名です。

 ☆申し入れ事項は、次の三点です。
  1.請負・製造派遣労働者の賃金・労働条件(寮費や作業服類の支給条件を含む)や福利厚生の状況に関する業界としての基礎的統計資料を、関連行政とも連携して整備して下さい。
  2.請負・製造派遣労働者の業界としての最低労働基準(派遣契約期間、あるべき年収水準、福利厚生など)を作成して、派遣先やメディア対策を強化するなど、業界の労働条件水準引き上げに努めて下さい。
  3.誇大・虚偽広告よる募集方法をなくすために、業界としての適正化基準を制定して下さい。

 
 また、私たちが春闘で各派遣先メーカー、派遣会社に対して提出した要求事項も資料として提出しました。

 ガテン系連帯からこれまでの経緯と申し入れ事項の簡単な説明をした後、意見交換が行われました。
 はじめての顔合わせだったわけですが、協会側は私たちの活動の趣旨に理解を示し、申し入れ項目についても、鈴木事務局長から「今回の申し入れ事項を検討して、なんらかの回答を必ずする」という積極的な返事を受けました。

 また、協会からは、職場におけるセクシュアルハラスメント、パワーハラスメントの実態、および誇大広告の実情について質問が出されました。
 私たちは、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントが当り前になっている現状を伝え、広告についても手元にあったフリーペーパーなどを示しながら、フルキャストセントラルを実例にした話をしました。いずれの話も実に丁寧に聞いてもらったという印象です。協会が現場の状況に強い関心を持っていることのあらわれであるのだと思います。

 今後の展開に期待したいと思います。
スポンサーサイト

2007年03月22日 業界団体 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/tb.php/57-1ac91242

グローバルメガ企業の誇大広告を暴いた高校生

27日、誤解を招く宣伝をしたとしてグローバルメガ製薬企業、グラクソ・スミスクライン(GSK)が裁判にかけられる。事の発端は、14歳の少女二人が、同社のブラックカレント飲料「リベナ」にビタミンCがほとんど含まれていないこと発見したことだった。2004年、当時高校生だっ

2007年04月03日 スーパーサイヤ人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。