スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

3月14日、フルキャストセントラル団交報告

 3月14日、ユニオンは、フルキャストセントラルと団交をしました。

●1ヶ月雇用は、問題ない???
 まず、ここ数カ月間続いている1カ月単位での契約更新の理由を真鍋人事部長に尋ねると「分からない」という回答。更に4月以降の雇用の見通し等について質問しても「分からない」とのことでした。

 1ヶ月単位の雇用契約というのは、毎月解雇予告されているのと同じ。そんな人権無視の細切れ雇用が続いている現状を会社としては異常なことと認識しているのか、と会社の認識を尋ねると、「特段問題だとは思わない」と平然と述べました。

 しかも、営業部長は「本人の希望で一ヶ月となっている場合もある」などと発言しました。まるで私たちが望んで1ヶ月雇用になっているといわんばかり。

 そこで、私たちは「そんなケースは例外。話をそらすな」と抗議。現在、派遣社員全員(他社も含めて)の契約更新が1ヶ月であるようだ、という情報を得ていた私たちは、「1カ月雇用を望む人がいるというのは日野自動車での話か? 何人くらいいるのか?」と問いました。

 すると真鍋人事部長は、いつもの苦渋の表情を浮かべ「う~ん」と唸るばかりです。冒頭より不誠実極まりない対応に対し、私たちは、この現状をどう考えるのか、会社としての見解を書面で一週間以内に示すように強く要望しました。

●春闘回答は、人事部で・・・

 つぎに春闘要求に関するやり取りを行いました。口頭で、つまり、いつものように口先でその場かぎりのいい加減な回答をしようとしたので文書回答を要求すると、「必要でしょうか」などと、なんとも非常識な見識である。

 ならば、これからする回答は一体何なのか、誰の責任で出される回答なのか、取締役会で検討した会社としての回答か、と更に追及すると、春闘要求に対する回答は人事部の見解に過ぎず、フルキャストセントラルの経営陣として検討していないことが判明しました。派遣社員の要求をその程度にしか扱わない。これは許せません。

 これまで数度にわたって改善するよう求めてきたにもかかわらず繰り返されるフルキャストセントラルの不誠実な態度に対し、私たちは、これでは誠実な団体交渉とはいえない、会社としての責任ある回答を文書で出すよう要求し、結局30分で退席しました。

 不誠実な会社の対応にはあきれかえるばかりです。働いている私たちのことをフルキャストセントラルは、どう考えているのでしょう。
 こんな態度が許されていいはずがありません。これからも、雇用の安定と労働条件の改善を求め、追及の手を緩めずに頑張っていきます。
スポンサーサイト

2007年03月20日 フルキャストセントラルユニオン トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。