スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

祝・日立派遣ユニオン結成!

日立製作所で「直接雇用偽装」!?
派遣労働者の雇用を脅かす新たな偽装か


2月16日、東京労働局、日立製作所、アイラインに申し入れ


新しいユニオンが結成されました。
その名は日立派遣ユニオン」

日本を代表する電機メーカー、日立製作所で働く派遣、請負、有期契約雇用の労働者が結集し、2月16日、非正規職労働者の権利と労働条件の向上をめざして活動をスタートしました。

最初の活動は、日立製作所が派遣社員を自社の契約社員であるかのように偽装して働かせている件について。東京労働局に調査を申し入れた後、日立製作所とアイラインに団体交渉を申し入れました。

この「直接雇用偽装」とは、次のようなもの。

日立製作所マイクロデバイス事業部(東京都青梅市)は半導体の製造開発を行っていますが、ここでは派遣労働者の受け入れ期間制限を超えて派遣労働者を働かせるために、業績急伸中の派遣会社アイライン(増山浩史会長、本社栃木市、年間売上高300億円)から受け入れていた派遣労働者を、昨年6月以降、形式的に日立の有期契約社員として雇用したことにして働かせていた疑いがあるというものです。

これら直接雇用にされた派遣労働者の労働条件は派遣時代と全く同じ。しかも、住んでいる寮もアイラインが借りているものです。どこからみても実質は派遣労働者のままなのです。

これら1年を超えて継続就労している派遣労働者(現在は日立の契約社員ということにされている)は、本来なら日立製作所からほんものの直接雇用の申し込みを受ける権利があるはずなのに、偽装工作のためにその権利を侵害されているのです。

加えて日立製作所は今年3月でこれら契約社員を全ていったん契約解除=解雇するというのですから理不尽極まりありません。

日立派遣ユニオンはガテン系連帯の一員としてがんばって活動していきます。
スポンサーサイト

2007年02月17日 日立派遣ユニオン トラックバック:2 コメント:7

要求事項は以下の通り。

■日立に対して。
(1)アイラインの派遣社員として派遣された期間、及び貴社の契約社員として雇用された期間が通算して1年を超す労働者を、速やかに真正な直接雇用労働者として雇用すること。
(2)アイライン及び日本ケイテムの全ての派遣労働者及び契約社員を対象に、4月以降の業務及び雇用継続の見通しを説明すること。
(3)派遣労働者及び契約社員に対し、有給休暇の完全消化の権利を保障すること。 

■アイラインに対して。
(1)アイラインの派遣社員として派遣された期間、及び日立製作所の契約社員として雇用された期間が通算して1年を超す労働者を、速やかに真正な直接雇用労働者として雇用するために必要な措置を講ずること。
(2)全ての派遣労働者及び契約社員を対象に、4月以降の業務及び雇用継続の見通しを説明すること。
(3)派遣労働者及び契約社員に対し、有給休暇の完全消化の権利を保障すること。 

2007年02月17日 wada, ikeda URL 編集

日立派遣ユニオンのHPは近日開設予定ですが、
とりいそぎ日立の状況を各会社への通告書の抜粋からご紹介します。

 日立派遣ユニオンの結成の動機は、次のようなものです。

 日立製作所青梅工場(マイクロデバイス事業部)は現在、派遣会社2社(アイラインと日本ケイテム)から派遣労働者を受け入れており、アイラインは100人、日本ケイテム30人となっています。ただし、アイラインの70人は日立製作所が契約社員として直接雇用している形式をとっています。

  これは日立製作所と貴社が、労働者派遣法に定める派遣期間の制限を超えて労働者派遣を続ける目的で、2006年6月以降、当時アイラインが派遣していた派遣労働者の雇用契約を外形的に貴社の契約社員に切り替えたことによるものです。しかし、これら直接雇用の契約社員の賃金、労働条件や寮生活、そして、かれらの労働時間管理などは何ら派遣労働者時代と変わっておらず、いわば「偽装直接雇用」ともいうべき事態が続いてきたと当ユニオンでは判断しています。

  この結果、形式的には契約社員でも実質は派遣労働者のまますでに1年を超えて働いている労働者が多数存在しています。これら労働者は本来なら派遣労働者として1年を超えて働いたことをもって日立製作所と貴社から真正な直接雇用契約の申し込み措置を受けられたはずなのに、偽装のために真正な直接雇用社員となる権利を侵害されているといわざるをえません。

  しかも、日立製作所は昨年11月、これら契約社員と派遣労働者に対し、今年3月末での雇用契約打ち切りを予告しており、100名を超す労働者が雇用不安に直面させられてもいます。

  当ユニオンは日立製作所と貴社に対し、まずはこの青梅工場(マイクロデバイス事業部)の派遣労働者が本来得られたはずの真正な直接雇用の機会をただちに保障すること、同時に、他の派遣労働者に対しても4月以降の雇用見通しを明確に説明して下さるよう要求します。

2007年02月17日 wada, ikeda URL 編集

ご連絡ください。
inspirethemext@pink.livedoor.com

2007年02月17日 日立派遣ユニオン URL 編集

こんな労働争議まで起こして、仮に正社員登用されたところで、社内での立場はたかが知れてるだろうに…

まぁ、長く勤務できる環境には置かれないだろうな。

2007年02月18日 草加拓海(元・帝国海軍少佐) URL 編集

私もそうだが、真面目な派遣社員は何とか正社員になりたいと頑張っています。しかし無責任で、突然居なくなったり、休んだりする派遣社員が絶えません、ユニオン結成し権利を主張する事も大事だが、派遣社員の信頼確保の為、義務を果たせる教育も大事ですね、

2007年03月04日 吉岡 正治 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007年03月11日 編集

日立の自動車部品製造関係でも同様な問題を抱えています。所詮派遣社員は仕事量に合わせる調整弁みたいなものですかね、賃金の格差も有りますが、人としての扱いの格差は我慢できませんね。

2007年03月14日 URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/tb.php/42-608bc417

日立製作所について-いろんな会社のご案内

日立製作所 | 略称 = 日立、日製| 設立 = 1920年(大正9年)2月1日| 郵便番号 = 100-8280| 本社所在地 = 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号| 代表者 = 古川一夫(執行役社長)| 業種 = 3650| 事業内容 = 家電製品コンピュータ通信機器鉄道車両(#主な製

2007年02月19日 いろんな会社のご案内

日立製作所について-いろんな会社のご案内

日立製作所 | 略称 = 日立、日製| 設立 = 1920年(大正9年)2月1日| 郵便番号 = 100-8280| 本社所在地 = 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号| 代表者 = 古川一夫(執行役社長)| 業種 = 3650| 事業内容 = 家電製品コンピュータ通信機器鉄道車両(#主な製

2007年02月20日 いろんな会社のご案内

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。