スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『週刊金曜日』と岩波『世界』

 今日発売の週刊金曜日にルポライターの鎌田慧さんが僕らに関する文章を書いてくださっています。
 鎌田さんは、ガテン系連帯結成集会でお話いただいたときも、先日の『金曜日』取材のときも、何度も何度も僕らを励ましてくださいました。「君たちのやっていることは当り前のことなんだよ、がんばりなよ」と。今日発売なのでまだまだ読んでいませんが、絶対良い文章です!
 鎌田さん、ありがとうございました!
http://www.kinyobi.co.jp/Recent
kinyoubi.jpg


 それから岩波書店『世界』の今月号の特集は「労働破壊」。
 朝日新聞記者の竹信三恵子さんが書いた文章で、僕らのことが書かれています。
 竹信さんは結成前からずっと丁寧に僕らのことを取材してくださっています。竹信さんは取材するだけではなく、僕らのことを親身になって心配してくだいました。
 竹信さん、ありがとうございました!
http://www.iwanami.co.jp/sekai/index.html
sekai.jpg

スポンサーサイト

2007年02月16日 雑誌 トラックバック:1 コメント:2

HPより特集部分のみ転載。

特 集 労働破壊――再生への道を求めて
【インタビュー】大企業が人間破壊を行っている  内橋克人 (評論家)
【戦争と労働】破壊される雇用、根腐れる民主主義――「戦争・災害・住宅」とからみあう労働格差 島本慈子 ( ノンフィクション・ライター)
【解決の道を探る】「過剰労働」と「格差」のあいだ 水町勇一郎 (東京大学)
【労働時間規制】ホワイトカラーエグゼンプションの虚構と真実 濱口桂一郎 (政策研究大学院大学)
【「違法の合法化」】「労働ビッグバン」構想――法改正で何が起こるか 中野麻美 (弁護士)
【報告と検証<座談会>】「均等法」「派遣法」から20年――労働相談の現場から見た労働破壊 鹿嶋 敬 (実践女子大学)、伊藤みどり (女性ユニオン東京)、前澤 檀 (東京労働相談センター)
【自己実現という罠】<やりがい>の搾取――拡大する新たな「働きすぎ」 本田由紀 (東京大学)
【執筆者からのメッセージ】
【人権としての労働問題】ポイ捨て社員の時代 竹信三恵子 (朝日新聞)
【インタビュー】いまこそ労働組合のあるべき姿にこだわりたいのです 鴨 桃代 (全国ユニオン会長)
【新しい働き方?】テレワークの光と陰 佐藤彰男 (大手前大学)

2007年02月16日 wada, ikeda URL 編集

http://www.kinyobi.co.jp/pages/vol642/mokuji

上のリンクは、違うものに更新されてしまいました。

2007年03月08日 wada, ikeda URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/tb.php/41-f4e9cc84

週刊金曜日[雑誌辞典]

週刊金曜日『週刊金曜日』(しゅうかん きんようび)は、株式会社金曜日から発行されている日本の週刊誌。左翼色が強いとされる。“スポンサーや広告主に阿らずに市民の立場から主張できるジャーナリズム、権力を監視し物申せるジャーナリズム”を目指し、また、休刊した『

2007年02月19日 雑誌辞典

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。