スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

トヨタ、「期間工切り」再び?

朝日新聞と日経新聞の記事をご紹介します(全文はリンクをご参照ください)。トヨタ自動車でも五月以降の雲行きが怪しくなっているようです。
また日野自動車を含め、トヨタ関連の工場で期間工切りが再び起きる可能性があります。
寮の問題なども含め、お困りの方はお早めにご相談下さい。

労働相談はお気軽に。
相談無料・秘密厳守。

【ガテン系連帯】
●メール
info@gatenkeirentai.net
●電話
03-3861-6210
月~金 11~18時

………………………………………………

「トヨタ、期間従業員1千人の契約を3カ月延長」(朝日新聞2010/3/8)
http://www.asahi.com/business/update/0308/NGY201003080006.html
 トヨタ自動車が、今年4月に契約が切れる期間従業員約千人について、契約期間を3カ月延ばすことが、分かった。(・・・中略・・・)
 通常は6カ月単位で契約を更新するが、大規模リコール(回収・無償修理)問題で、夏以降は販売が落ち込む可能性があるため、3カ月だけ延ばす。5月に契約満了となる約600人については、契約を延長するかどうかは明らかにしていない。
 トヨタは昨年10月、期間従業員の採用を1年4カ月ぶりに再開していた。1月末時点の期間従業員は約2300人。

………………………………………………
「道内トヨタグループ、リコール余波じわり」(2010/3/8日経新聞北海道版)
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20100308cfc0800608.html
 トヨタ自動車の大規模リコール(回収・無償修理)問題が、道内のグループ企業の生産に影を落としつつある。トヨタ自動車北海道(苫小牧市)は2月の期間従業員の採用数を1月に比べ半減した。
(・・中略・・)
 トヨタ北海道の主力製品であるAT(自動変速機)は主に北米工場に出荷され、「カローラ」や「カムリ」など、リコール対象の複数車種に搭載されていた。「北米工場減産の影響が生産水準に出始めており、4月から本格化する」(田中義克社長)という。
スポンサーサイト

2010年03月09日 減産と契約打ち切り トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。