スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

フルキャストセントラルは、いずこへ???

 フルキャストセントラルは、12月19日の第一回団交で以下の各点を私たちと約束しました。

(1)出向期間中の労働契約について正確な説明が出来る役員を次回交渉に出席させ ることを検討する。
(2)生活支援プランの適用者の数(日野自動車派遣の場合、及びフルキャストセントラル派遣社員全体の場合)、及び、生活支援プランで手取額が増えた実例を次回団交で具体的に説明する。
 なお、「手取額が増えます」の表記に疑義が生じている以上、フルキャストセントラルの本日現在配布されている全ての求人広告において生活支援プランの記載をただちに中止するようユニオンは要求し、貴社はこれに対する見解と回答を20日中に示す。
(3)「32万円以上可」との表記に具体的根拠が何一つないことを認める。
  なお、そうである以上、この記載についても、フルキャストセントラルの本日現在配布されている全ての求人広告において生活支援プランの記載をただちに中止するようユニオンは要求し、貴社はこれに対する見解と回答を20日中に示す。
(4)11月から日野自動車に派遣されている社員に作業服類として8,000円の控除を通告した件について、ただちに事実関係を調査し、結果を20日中に組合に回答する。なお、作業服類の金額については次回団体交渉で決める。
(5)次回団交は事態の緊急性に照らし、年内に開催する。


 ところがフルキャストセントラルから20日、ファックスが来ることはありませんでした。21日催促すると、団交は一ヶ月後しかする気のないことのみが書かれたファックスが送信されてきました。作業服代については、一言も書かれていませんでした。どういうことなのか、とユニオンから電話を入れると、団交に参加した総務人事部の眞鍋さんから「ただいまこちらでどのようにお答えしようかということを検討中です」という信じられないような返答がありました。

 この不誠実な対応では納得ができないということで、26日、渋谷のフルキャストセントラル本社を訪れました。

 ところが誰かお話のわかる方にお会いしたいとお願いすると、経理の方が出てこられて
 「真鍋総務人事部長は不在です」、「総務人事部の土屋は有給中です」、「ふたりとも連絡を試みていますが、電話がつながりません」、「そのほかの責任のあるものはすべて出払っております。連絡も取れません・・・」
「お引取りください」

 何を言ってもこう繰り返すだけです。
 一日中誰とも連絡が取れないことは普通の会社としてありえないことだろう、というユニオンの説得に、最終的には26日中には何らかの連絡をする、と約束したのですが、現在に至るまでその連絡は入っていません。

 フルキャストセントラルには会社として早く普通に対応してもらうべく、
ユニオンでは働きかけを続けていきます!!
fcc.jpg

スポンサーサイト

2006年12月29日 フルキャストセントラルユニオン トラックバック:0 コメント:2

フルキャストユニオンって誰?

2007年01月25日 回収 URL 編集

名前がややこしいですが、
フルキャスト本体にあるのがフルキャストユニオンです。
FCCユニオンが立ち上がる前から登録者の容姿をデータ化していたことなどを問題化していますね。

12月の国会シンポでは僕らと同じ席で発言していました。

2007年01月25日 wada, ikeda URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。