スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日野自動車へ団体交渉を申し入れました。

 各紙が報じている通り、日野自動車が期間工募集を大規模な形で再開しました。10月中旬までに900人を採用するといいます。

 雇用維持のための国の助成金の利用すらしようとせず、大量のホームレスを生み出しながら4千人ちかい労働者のクビがきられました(報道では2700人となっていますが、これは期間工のみ。これに加えて派遣がいます)。それからほんの数ヶ月でこの規模の募集とはどういうことなのでしょうか。唖然としてしまいます。

 ガテン系連帯の支援で、昨年12月に立ち上げられた日野自動車ユニオンのメンバーは12月末から2月末までに全員「雇い止め解雇」にあいました。中には足掛け20年の間に15年も期間工として働いてきた人もいます。 現在も寮に滞在しながら、会社に対して解雇の撤回を求めて裁判を含めた取り組みを続けています。

 こうした中での募集再開にもかかわらず、残念ながら日野自動車からは今回の大規模な募集について何の説明もありませんでした。

 本来であれば、これまで日野自動車でがんばって働きながらも解雇になり涙を呑んできた期間工から優先的に雇用するのが当然です。白井芳夫・日野自動車社長は「従業員は宝」とテレビ番組で話していますが、これが「宝」に対する扱いなのでしょうか。

 今回の募集について私たちは9/3、日野自動車に対して団体交渉を申し入れを行い、募集再開の経緯の説明と、この間で「雇い止め解雇」となった期間工の優先的再雇用を求めました。

 9/7の週のいずれかの日に交渉するようにと要求しました。

 日野自動車の誠実な回答を待ちたいと思います。


 以下、共同通信配信のニュースです。

■「日野が期間従業員9百人採用 10月中旬までに3工場で」
(共同通信09/09/03)
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090301000390.html

 日野自動車は3日、国内3工場で、期間従業員を10月中旬までに計約900人採用する方針を明らかにした。昨年秋からの減産で在庫調整が進んだため。

 トヨタ自動車から委託を受けてスポーツタイプ多目的車(SUV)「ランドクルーザープラド」などを生産している羽村工場(東京都羽村市)で約600人を採用。トラック用エンジンをつくる新田工場(群馬県太田市)で約250人、大・中型トラックを生産する日野工場(東京都日野市)で約50人を新規採用する。

 日野自動車は昨年秋以降、3工場で計約2700人の期間従業員を削減。今年7月末で期間従業員はゼロになっていた。


-------------------------------------
ご相談はお気軽にどうぞ。相談無料・秘密厳守。
メール相談は info@gatenkeirentai.net
電話相談は 03(3861)6210
月曜~金曜の毎日
午前11:00から夕方18:00受付

スポンサーサイト

2009年09月05日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。