スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保見団地から緊急支援のお願い

 ラテンアメリカから来日した外国人労働者が数多く住む、豊田市の保見団地から緊急支援のお願いがきましたので、ここに転送します。みなさんのご協力をよろしくお願いします。

保見団地から緊急支援のお願い
―解雇された日系人労働者とその家族の生活を守るために―


 昨年来の深刻な不況により、主に製造業を中心に多くの派遣労働者や期間工が解雇され、生活に困窮していることは、すでにご存知のことと思います。とりわけ、日系人労働者は、そのほとんどが派遣労働者として自動車関連の工場で働いてきたため、自動車販売不振のあおりを受けて解雇される人が増え、本年3月には日系人労働者の失業率は70%から80%に達するであろうと言われています。
 そのため、4千人の日系人が住むここ保見団地でも、多くの日系人労働者とその家族が現在、収入がなく、生活に困窮しています。また、住んでいた社員寮からの退去を余儀なくされて住むところがなく、友人・知人のアパートに身を寄せている家族もいます。さらに、日系人の子どもたちが通うブラジル人学校では、両親の失業で授業料を払えなくなり、退学して不就学となった子どもたちも多数います。このように、今回の大不況で、日系人労働者とその家族はたいへん大きなダメージを受け、日系社会も崩壊の危機に直面しています。
 そもそも日系人労働者は、日本国内の製造業の人手不足を補うために、日本政府や産業界が求めてブラジルやペルーから呼び寄せた労働者です。この20年間、主に自動車製造の下請け・孫請けの工場で、危険できつい仕事に従事し、日本の産業を底辺で支えてきました。その間に、定住化が進み、日本生まれの日系人の子どもたちも増えてきました。そうした日系人労働者が、長年の社会貢献も顧みられず、雇用の調整弁として簡単に切り捨てられているというのが現状です。
 そこで、私たちは、ここ保見団地を中心に、日系人労働者およびその家族の雇用、住宅、教育問題の解決に取り組み、彼らがすでに定住している日本において人間らしい暮らしができるように、また、失業を乗り越えて暮らしを立て直すことができるように、緊急の支援活動を始めました。
 皆様には、この緊急支援活動に是非ともご協力いただきたく存じます。すでにこれまでにも多くの支援をいただいてきており、さらに支援のお願いをするのはたいへん心苦しい限りですが、予想をはるかに超える緊急事態が発生しているという事情をご理解いただき、ご協力いただければ幸いです。

                          2009年2月          
                          特定非営利活動法人 保見ヶ丘ラテンアメリカセンター
          

<支援活動の内容>
 生活支援   困窮家族のための食糧援助、生活・医療相談、通訳
 住宅の確保  県や市への公営住宅提供や公的支援を求める要請活動
 再就職のための職業訓練 日本語学習機会の提供など
 教育保障   子どもたちの学習保障のためのブラジル人学校支援や補習教室支援
 情報提供   雇用・住宅・生活支援関連のニュースの発行
 日系人自主団体の支援 保見ヶ丘ブラジル人協会などの互助組織の支援

<皆さんにお願いしたいこと>
○寄付・カンパ
  センターにご持参いただくか、下記の口座にお振り込みください。
    郵便局口座 00890-2-17817
 加入者氏名 特定非営利活動法人保見ヶ丘ラテンアメリカセンター

○食糧支援
  お米、小麦粉、缶詰(ツナ、トマトなど)、ジャガイモ・たまねぎなど根菜、粉ミルクなど。ご持参いただくか、下記、センター宛、お送りください。

○ボランティア参加
  まずは、090-2348-1154 にご連絡ください。毎土曜日午後にセンターで開催するオリエンテーションにご参加ください。

○メール受信希望登録
  みなさんに関心を持っていただき、多様な支援のあり方を今後も模索していくために、「保見団地日系人緊急支援情報」をお伝えします。是非、登録ください。
  下記、センターメールアドレスに、一度メールをお送りください。
  緊急支援専用電話 0565-48-1108

特定非営利活動法人 保見ヶ丘ラテンアメリカセンター
          代表理事 野元弘幸
〒470-0353 愛知県豊田市保見ヶ丘5-1 フォックスタウン1F
TEL/FAX: 0565-43-1607
E-mail: celaho@gaea.ocn.ne.jp
URL: http://www9.ocn.ne.jp/~celaho
※センターは保見団地中央のフォックスマート1F、駐車場横にあります。

スポンサーサイト

2009年02月18日 減産と契約打ち切り トラックバック:0 コメント:1

転載です。

保見団地日系人緊急支援情報 第5号 をお送りします。
保見ヶ丘ラテンアメリカセンターの野元弘幸です。お世話になります。

○粉ミルク、オムツの提供を!
 先週金曜から食料支援を行っていますが、乳児を持つ親が、粉ミルクやオムツを求め
てくるケールが多く、粉ミルク・オムツが足りません。
 月曜日には、生後20日の子どもの粉ミルクが合わず、病院で与えていたものに戻した
いが買うお金がないと相談の電話がありました。市の乳児手当ては6月にもらえるとの
ことですが、あと2週間ほどのミルクしかなく、蓄えもないことから不安になってセン
ターに電話をしてきたようです。とりあえず、寄付金から合う粉ミルクを買って、スタ
ッフが届けました。
 
○県営保見住宅問題報告
 2月14日土曜日に、県営住宅の抽選でもれた方々の話し合いを行いましたが、そのな
かで、月曜日の県庁前でのビラまきと、人権救済申立の際の記者会見への参加が決まり
、月曜日に予定通り、実施しました。
 県庁前でのビラまきには、5名のブラジル人の方が参加し、800枚近くを配布でき、成
功しました。「県職員の皆さん、今夜はの野宿ですが?それとも温かい一家団欒の温か
い家庭ですか」という刺激的な文言から始まるビラでした。テレビが2社撮影していま
した。ニュースで流れたようです。
 司法記者クラブでの記者会見にも、ブラジル人は参加し、一人一人が厳しい状況を説
明しました。かなり記者も関心をもっていました。

○「保見ヶ丘1日派遣村」で生活相談や健康相談、日本語教室受付を実施!
 ボランティアが足りません。
 本日、名古屋の弁護士さんペミョンオクさんから連絡があり、生活保護申請などの相
談を受けてもいいということだったので、生活相談を実施することになりました。
 健康相談は、年末に健康相談をお願いした、HuMA(ヒューマ)という緊急医療援
助団体に呼びかけて、相談したいと考えています。

 設営・炊き出し準備開始 土曜午後1時から
 開始 21日午後6時 夕飯、開村式、挨拶
    22日午前8時 閉村式
 
 *ボランティア募集
  設営・炊き出しを日系人のかたと一緒に楽しくやります。
  テント・寝袋のあるかたはご持参下さい。防寒注意。
  日本語教室や生活保護の相談等を実施できればと思います。

野元弘幸
 保見ヶ丘ラテンアメリカセンター

2009年02月19日 21、22日:ボランティア募集 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。