スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

キヤノン:雇用安定基金構想に参加を検討へ

 キヤノンの1000人を超す大量解雇に社会的批判が高まる中、今朝、大分市内で、社民党国会議員調査団とキヤノンとの会談が行われました。その内容について社民党から報告がありました。

 会談に出席したのは、キヤノン本社の諸江専務と大分キヤノンの飯塚社長。社民党は重野幹事長、保坂副幹事長ら。

 社民党側はまず、大量解雇を強く批判し、雇用責任をはたすよう求めました。しかし、キヤノン側は、解雇したのは自分たちでなく請負会社、キヤノンは請負社員の人数や名前も分からないなどと、この間マスコミで表明してきた無責任な詭弁を繰り返したようです。これに対し、社民党側は、杵築市や大分市など地元の自治体が、解雇された労働者を臨時採用したり公営住宅を提供して仕事と住まいの保障に懸命に努力している。市民のあいだからも、市役所に100万円寄附する人が出て来たり、高校生がカンパ活動を呼び掛けたりして支援が広がっていると指摘。それでもキヤノンは関係ない、何もしない、というのかと迫ったところ、キヤノンは、われわれも悩んでいる、しかし、どうやって手を差しのべればよいかわからないと発言したそうです。

 そこで社民党が、たとえば自治体が雇用や住まいの安定のために基金を設け、それにキヤノンが協力するという方法が考えられるがどうかと提案したところ、キヤノンは自治体から申し入れがあれば前向きに検討すると回答したとのことです。さらに、社民党が、請負会社に対しても同様に協力できるのではないかと提案したところ、これについても前向きに検討したいと述べたようです。

 なお、具体的なすすめ方について、キヤノンは社民党と適宜話し合いに応じることも約束したといいます。

 これは重大な変化のきざしです。私たちのたたかいで、少しずつ状況が動きはじめました。
 キヤノンが自らの非を認め、実際に対応策に乗り出すよう、私たちも引き続き求めていきます。
スポンサーサイト

2008年12月22日 大分キヤノン トラックバック:0 コメント:5

キヤノンが住居の確保などにかかる費用として、
日研に保証金1億円を支払うらしいですよ
ニュースでみました。

2008年12月23日 URL 編集

はじめまして!
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね~^^
応援ポチポチ! それでは失礼します^^

2008年12月24日 @音三昧 URL 編集

神様仏様キャノン様ですね。。感謝。キャノン最高!万歳!

2008年12月25日 派遣さん URL 編集

コメントありがとうございます。
キヤノンが動き出しましたね。ユニオンのみならず、みんなの力が合ってのことだと思います。今後の動きに期待したいです。

2008年12月25日 管理人 URL 編集

大分キヤノン請負会社 解雇者190名が 休業補償中で待機中

自宅待機の人も居るみたいですが 自宅からの通勤ですか?


社員寮には 何名居るのですか?

新卒者を募集なんてしたら 頭にきますよね?
訴えたい人も居るはずです・・・ 解雇しておいて 募集はないですよね??
仕事が入りましたら連絡待っています!

2009年04月01日 契約社員 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。