スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

キヤノン本社、日研総業、厚生労働省、日本経団連に申入。

日研総業ユニオン大分キヤノン分会(大分キヤノン・ユニオン)は、4日、キヤノン本社、日研総業、厚生労働省、日本経団連に申し入れを行いました。

○門前で申入書を受け取ったキヤノン
cannon.jpg
立派なキヤノン本社ビル


 キヤノン本社では、私たちが到着する前から何人もの警備員と保安担当者が待ちかまえており、私たちを受付に通すことすら許しませんでした。常識的な会社であれば、会社の会議室で丁寧にユニオンの言い分を聞いてくれるものですが、キヤノンはそういう会社ではなかったようです。まったく残念でなりません。キヤノンの対応に呆れかえった私たちは「会社を代表している」という人事部の狩野課長に申入書を渡しました。狩野課長は「内容を検討して回答するかも含めて考える」とのことを考えます。

○「団体交渉に誠実に応じる」(日研総業)
 日研総業は誠実に団体交渉に応じると約束しました。また、12月10日に迫っていた寮の退去は、交渉の対象としてしばらくのあいだ保留することになりました。とりあえずの寮への滞在は認められることになったことは一つの成果です。今後のことについては話し合いで決めていきます。良い結果を期待したいと思います。

○日本経団連に申し入れ書を提出。
keidanren.jpg
経団連前


 日研総業との団体交渉の後、日本経団連への申し入れを行いました。
 申し入れ事項は次の通りです。

1.「派遣切り」「期間工切り」に直面した派遣、請負、期間工の生存権確保のために
 (1)派遣、請負、期間工の中途解約や雇い止めは、いわゆる整理解雇の4要件をふまえ最大限の解雇回避措置を講じたうえで、やむをえない場合に限定し、かつ適切な雇用保障を考慮して慎重に行うよう加盟各社で申し合わせて下さい。
 (2)やむをえず中途解約、雇い止めせざるをえない場合であっても、次の仕事が見つかるまでのあいだ、派遣、請負、期間工が現在入居している寮などに滞在することを認めるよう加盟各社間で申し合わせてください。
2.「派遣切り」や「期間工切り」を行う加盟企業に対し、人員削減を行うかたわら新規の求人行為を行わぬよう指導してください。

 申し入れ書を受け取った職員は、担当部長に書類を回すと約束しました。支援に訪れたさまざまなユニオンと共に日本経団連前で集会を開き「殺すな!」の声を皆で上げました。


○厚生労働省「大分キヤノンの件について調査する」
kouro.jpg
議員会館にて厚生労働省と


 社民党の議員団が窓口となり、厚生労働省との交渉を行いました。私たちは、期間従業員が大々的に募集される一方で派遣・請負社員の契約を打ち切られ、住居すら失いかねない状況を説明し次の各点を要求しました。

1.いわゆる「派遣切り」に直面している派遣、請負、期間工の生存権確保のために
(1)雇用促進住宅を有効活用し、住まいを失った派遣労働者らの入居を認めること。
(2)雇用保険音受給資格要件を6ヶ月に戻し(現在1年)、直ちに適用すること
(3)派遣、請負労働者の場合は派遣先及び派遣元の双方に対し、また、期間工の場合は製造メーカーに対し、雇用調整助成金を有効活用して、一時帰休などによる雇用維持及び職業訓練に努めるよう緊急に働きかけること。
2.「派遣切り」や「期間工切り」を行う企業に対し、人員削減を行うかたわら新規求人の行為を行わぬよう指導すること。

 大分キヤノンの仲間たちの「なぜ働ける自分たちが切られて、働けない新しい人を入れているのか、どうなっているんだ」との切実な声に対し、厚生労働省の担当官は「身につまされる大変なことと考えている。大至急事実確認をする」と約束しました。

 また、その後の国会で福島みずほ議員の質問に対して、舛添厚労大臣は大分キヤノンのことについて調査を行うことを約束しています。
スポンサーサイト

2008年12月07日 大分キヤノン トラックバック:1 コメント:4

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年12月09日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年12月09日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年12月09日 編集

大分キヤノンの請負社員です。 解雇され たのですが社員寮で待機していて 継続できる可能性ありで・・・仕事入り次第 連絡まっております。 社員寮を追い出された人もいるらしいけど 酷いことです!

仕事入り次第 連絡待っています

2009年02月05日 URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/tb.php/221-2e04618d

雇用破壊/労働の尊厳を取り戻せ ディーセント・ワーク 【日本農業新聞 論説】

http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/news1/article.php?storyid=751 雇用破壊/労働の尊厳を取り戻せ 【日本農業新聞 論説 2008/12/08】  経済不況で深刻な...

2008年12月09日 「ユニオン」と「労働ニュース」アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。