スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

トヨタ営業利益73%減と「派遣・期間工切り」

 大きく報道されている通り、トヨタ自動車は3月期連結決算で営業利益を73%減、業績予測を実に一兆円も下方修正しました。この影響でピーク時には10,000人以上いた期間工を来年三月までに3,000人にまで減らすといいます。金融危機の影響という意味では5,800人もの期間工が切られることになります。
 
 それだけではありません。今日の毎日新聞にはこうありました。

「トヨタがくしゃみをしたら、1次下請けは風邪をひく。その下請けは重体だ」。愛知県豊田市のトヨタの3次下請けのブレーキ部品組み立て会社社長(69)は嘆く。「コスト削減は限界。単価も一度下がると景気が回復しても戻らない。採算が合わなくなったら経営をやめるしかない」

 おそらく意図的に公表はされていませんが、5,800人の期間工切りの前にトヨタ自動車だけでも数千人の派遣社員が派遣切りにあったことは間違いありませんし、下請けなどを含めれば万単位の私たち非正社員が仕事を工場から放り出されたはずです。
 
 暑い日も、寒い日も働き続けてきた私たちは、結局最後はこうして切捨てなのです。
 しかしあきらめる事はありません。
 私たちは決してひとりぼっちではありません。
 どんな厳しい状況でも力を合わせさえすれば、道は開けます!
 そうしてこの一年のあいだ、ガテン系連帯に集まった仲間たちはたくさんの成果を上げてきました。
 みなさん、いまこそ手を取り合いましょう!

 ここにガテン系連帯が日野自動車から立ち上がったとき、その想いを仲間と共に書いた「宣言」をあらためて再録したいと思います。

 
「ガテン系連帯設立宣言」


 毎日忙しく道を行き交う貨物トラック。そのトラックをつくるトップメーカー、日野自動車の本社工場ではたらく私たちは、日研総業という業務請負会社から派遣されている派遣社員です。
 日野自動車の本社工場には、複数の派遣会社から私たちのような派遣社員が送り込まれているほか、期間工とよばれる短期契約社員もいます。実は工場ではたらく約3,000人の労働者の半数を、こうした非正社員が占めています。
 派遣社員や期間工のしごとは正社員を補助する雑用程度と思っている人も多いかもしれません。しかし、実際はそうではありません。自動車工場はいわゆる3K労働職種のひとつで、一歩間違えば命を落としかねない危険が伴います。私たち非正社員も正社員も、その同じ製造ラインで毎日一緒に油まみれになって汗を流し、しごとのうえでは苦楽を共にしているのです。
 しかし正社員と非正社員の待遇には大きな格差があります。
 正社員には一時金や昇給があり、30才代になると年収は数百万も違います。退職金や福利厚生制度も完備しています。
 一方、私たち非正社員は、昼夜交替勤務で残業を月20時間以上、深夜残業も月50時間やっても、1カ月の平均賃金は24万円程度にしかなりません。(別表参照)。時給制なので、夏冬の休みや減産で労働時間が減る1、5、8月はそれをも大きく下回ります。日研総業の場合、「月31万円以上可」と募集していたのですが、過労死するほどはたらいたとしても、31万円を上回ることはおそらく不可能です。さらに、2、3カ月ごとに日野自動車の都合で更新をくり返す細切れ雇用ですから、いつまで働けるかをいつも心配しながら先行き不透明な生活を送らざるをえません。ケガや病気になれば契約延長はまずありないし、減産で人が余れば容赦なく切られます。
 最近、私たちと同じ立場の「偽装請負」が大手メーカーの製造現場で広がっていることが次々発覚し、大きな社会問題になっています。日野自動車では職業安定法に違反して、私たちを「偽装出向」させていたことが明るみに出ました。こうした事実を私たちが知ったのは、新聞報道によってでした。私たちはだまされていたわけですが、当事者である私たちに対しては、いまだに日野自動車からも日研総業からも一切説明がありません。
 人をバカにするのもいい加減にしてもらいたい。一生懸命働いているのに、なぜこんな使い捨ての消耗品のような扱いを受けなくてはならないのか!
 同じしごとをしているのだから、賃金も同じだけ支払うべきじゃないのか! 細切れ雇用で都合良く使いたいというのなら、先行きが見えない分、正社員よりも高い時間給を支払うのが当然じゃないのか!
 労働局の幹部が私たちを指して、「おそらくこの人たちは、一生浮かび上がれないまま固定化する」と語ったといいます。(朝日新聞06/7/31)
 蹴散らしましょう、こんな言葉は。
 会社にとっては使い捨ての道具かもしれない。しかし、私たち一人一人は生きた人間なのです。私たちにだって生活がある。未来に希望を持ちたい。家族によくしてやりたい。
 私たちと同じような働き方で、悩み苦しむ人たちがいま日本社会にあふれ返っていることが私たちにも分かってきました。そうならば、同じ問題を抱えている私たちが力を合わせて異議申し立てを行えば必ず状況は開けるはずです。
 みんな、手をつなごう。力をあわせよう。
 「ガテン系連帯」の設立、ここに宣言!

2006年10月27日

ガテン系連帯
共同代表 池 田 一 慶
       木 下 武 男

 
スポンサーサイト

2008年11月07日 減産と契約打ち切り トラックバック:2 コメント:4

【無料相談実施中】
「派遣・期間工切り」は許しません!

カネもない、仕事もない、住む場所もない

 減産のために全国の製造工場で派遣社員や期間工の契約が途中で打ち切りになったり、延長されなかったりする「派遣・期間工切り」が続発しています。契約を打ち切られた後、寮を追い出され、住む場所を失うケースもあります。


そんなときにはガテン系連帯へ!

 今月8月には、契約を途中で打ち切られた自動車部品工場の派遣社員がガテン系連帯の支援のもとに労働組合を結成しました。団体交渉の結果、期間満了までの平均賃金の支給と次の仕事の斡旋を勝ち取ることができました。

 やれば、できます!!

 無料相談を実施中です。
 お気軽にご連絡ください。
 秘密厳守です。

☆メール相談は 
info@gatenkeirentai.net

☆電話相談は 03(3861)6210
月曜~金曜の毎日
午前11:00から夕方18:00受付

☆ホームページの相談フォームからもご相談いただけます
(パソコンのみ)
http://www.gatenkeirentai.net/

2008年11月07日 管理人 URL 編集

市場原理主義に翻弄され続ける世界経済。
フォーディズム(フォード方式の経済システム)の次の経済モデルの選択を誤った結果に他ならない。労働者=購買力であるからだ。
搾取された利潤がマネーゲームに向かい続けた15年、派遣労働者は増え続けてきた。
そんな派遣労働者の一人 叉葉賢(またはけん)氏が youtube に自身の歌を発表している。

http://jp.youtube.com/watch?v=v0siyuT_0as

我々はこの声を看過してはならない

2008年11月08日 ロックマン URL 編集

結局、この国の政治や官僚は腐ってるんでしょう。
秋葉原の一件以来、
早急に手を打たないといけないなどと建前で人気取りをし、
本音はどうでもいいと考えてるんでしょうね。

法案実施が一年半後とか、
その一年半後には、派遣法を改正しても影響を受ける人は皆無に成っている。
大企業の準備期間、請負転向、派遣切りの猶予を与えて、
結局、献金目当てに企業の手下に成り下がってる。

2008年11月08日 日研派遣 URL 編集

トヨタ キャノンの対応は市場経済主義の過ちの結果である。庶民としての 対抗策は 不買運動である。トヨタ キャノン に対しての不買運動を提案いたします。

2009年01月05日 野口隆俊 URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/tb.php/210-d6a9c077

日研総業

大分キヤノン人員削減:請負会社解雇予告の労組員、県に発注削減見合わせ要請 /大分 毎日新聞【祝部幹雄、梅山崇】 大分キヤノンの請負会社・日研総業(東京)から解雇予告通知を受けた社員で作る労働組合「日研総業ユニオン大分キヤノン分会」の組合員らは大分キヤノン?...

2008年12月12日 日本ニュース

派遣切りについて

坂本哲志総務政務官(自民、衆院当選2回)は6日午前、 総務省で記者会見し、 東京・日比谷公園に開設された「年越し派遣村」を巡り、 「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのか」 などとした5日の発言を撤回し、謝罪した。(読売新聞) いや...

2009年01月07日 星にねがいを★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。