スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「秋葉原事件と派遣労働を考える懇談会」を開催しました。

akiba.jpg

 本日、ガテン系連帯は「秋葉原事件と派遣労働を考える懇談会」を開催しました。
会場となった衆議院議員会館には、メディアを中心におよそ90名が詰めかけました。

 小谷野事務局長、小谷フルキャストセントラル委員長、木下共同代表がそれぞれ発言し、労働者派遣制度=「人間使い捨て」のしくみが事件の背景にあることを強く訴えるとともに、派遣社員の実情を知らせ、こうした派遣労働をつくりだし、派遣社員をほしいままにしている派遣先にこそ責任がある、と強調しました。そして、ガテン系連帯は、働く派遣社員たちに対して熱烈に連帯を呼びかけました。

 関東自動車は自分たちの責任を省みることなく、「今後、人材派遣会社に対しては、このような不祥事が二度とないように、人材の確保、管理、監督について要請していきたいと思います」などと、まるで被害者のような顔をしています。これをこのまま放っておくわけにはいきません。

 ガテン系連帯は他ユニオンらとともに、今週20日、派遣先である関東自動車への申し入れを行い、来月25日には各党トップを招いての派遣法改正へ向けた集会を開催します。

 またこれからさらに一層身を引き締めて、派遣社員として働く仲間たちに対し、絶望するな、ともに手を取り合おうと呼びかけを広く行っていきたいと思います。

 みなさんのご協力よろしくお願いします。

akibajiken06.jpg
スポンサーサイト

2008年06月18日 秋葉原事件と派遣労働 トラックバック:0 コメント:1

懇談会に参加して、マスコミ報道では分からなかった「関東自動車が何故派遣契約を解除したのか」が分かった。「トヨタ」の経営戦略に基づくもの」ものだ、ということで、背景が理解できました。
 高等学校にも毎年「日研」の求人が多数きます。派遣労働の現状や「労働現場」で起きていること、理不尽な現状と戦うことによって「希望や仲間」を見つけていくことを、高校生に伝えて行きたいと思いました。

2008年06月21日 横山  滋 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。