スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

上州のからっ風に吹かれながら

FCCU委員長、小谷さんの連載小説4回目です。
*****************************

 派遣労働者としての単調な毎日が続いた。ただただ日々を過ごし、生き抜くことだけが僕の大切な目標になっていた。毎朝、工場近くに行くと、多くの派遣労働者たちが、まるで夢遊病者のように工場に吸い込まれていった。僕の姿も当然のようにその群れの中にあった。僕は、工場の中に蔓延している油の匂いが嫌いになっていった。彼らは、この工場の中でどのようなドラマを演じているのだろう?僕は何故か、他の派遣労働者たちのことが気になりだした。
 どこで聞いたのか、僕が労働法規の勉強をしていることを聞いて、派遣労働者が僕のところに相談に来るようになった。
 遅刻したことを職長に土下座して謝ったら、安全靴でその頭を踏みつけられた若者。生産ラインから外され、次回の雇用延長はしないと告げられた若者。今は毎日掃除しかやらされないという。まさに、僕たち派遣労働者には、人格さえ認められないかのような扱いに僕は絶句してしまった。同時に、僕はどこまでドロップアウトしていくのだろうという不安でいっぱいになった。
 そんな僕に、嬉しいニュースが飛び込んできた。剣道をやっている娘が東日本の選抜大会に出場するために、前橋にやってくるというのだ。東京に来てから2ヶ月。心底逢いたかった。でも、生活費がやっとの僕にとって会いに行く交通費などはとてもなかった。
 ただでさえ質素な食生活を切り詰め、ダブルワークに励んだ。休みの日は、散財しないように部屋にこもり、勉強していた。娘に逢うことだけを楽しみに。
 新宿から高崎に向かう電車の中で、僕ははやる気持ちを抑えきれなかった。娘に逢える。そのことだけしか僕の頭の中にはなかった。
 会場に着くと、チームメイトと共に試合に汗を流す娘の姿を見つけることができた。こんなにも成長したか。久しぶりに娘の姿を見る僕は、嬉しくなった。目尻をさげながら娘を見つめている自分の存在をしっかりと感じることができた。
 休憩時間になると、多くの選手たちが大会記念グッズ売り場に群がっていた。娘の姿もあった。でも娘は、チームメイトの輪から一歩引き下がっていた。娘は、私の状況、自分が買えない立場であることを知っていたのだ。
 僕は、娘にそんな思いをさせていることが悔しかった。ポケットの中の有り金をぎゅっと握り締めた。買ってやりたい、でもこのお金に手をつければ明日からの生活ができなくなる。
 娘と目が合った。僕は何かを決意したように大きく頷いた。娘は、満面の笑みを浮かべてチームメイトの輪の中に入っていった。これでいいんだ。僕はそのことしか考えられなかった。娘は、弟たちへの土産も買っていた。
 楽しい時間の過ぎ行くのは、とても早く感じた。娘たちを乗せたバスは、みちのく路を目指して会場を後にした。僕は、バスが見えなくなるまで見送った。バスの中から娘だけが目にいっぱいの涙を浮かべながら、最後まで僕を見続けていたのがわかった。
 娘たちが去った後、早く田舎に帰りたい。派遣労働者の生活から早く這い上がりたい。そんな思いと明日からの生活をどうしようかという不安を胸に抱きながら、僕は、上州の冷たいからっ風に吹かれ駅に向かった。
 その後、およそ1年間僕は子ども達に逢うことはなかった。もちろんお金がなくて。

スポンサーサイト

2008年02月19日 小谷物語 トラックバック:0 コメント:1

同じような思いをしている人は沢山いると思います。
政治家に頼るのはもう愚の骨頂だと日本人は感じなくてはいけない。
なぜなら尊敬出来る人はいないでしょ。
舛添さんぐらいじゃないのかなぁ。一生懸命やってるのは。
私達が日本を変えるしかないのだ!

2008年02月19日 tsuyotaken5 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。