スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

生きさせろ!集会@新宿紀伊国屋

生きさせろ!の集会にお呼びいただきました!
この一年ほどの経験を皆さんと共有できればと思います。

そして雨宮さんの『生きさせろ!』をまだお読みでない方は、ぜひぜひ!!
ikisase.jpg


■紀伊国屋のHPの案内。
http://www.kinokuniya.co.jp/01f/event/shinjukuseminar.htm#seminar_88

第88回 新宿セミナー @ Kinokuniya
生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)刊行記念
反貧困キャンペーン「生きさせろ! 集会」


我々は反撃を開始する!
金で人を物扱いする企業、政治に反撃を開始する!
こんな世の中に黙っている必要はまったくない!
自らも辛酸を舐めてきた活動家であり作家の雨宮処凛(『生きさせろ!』著者)、気鋭の社会学者小熊英二、「素人の乱」の松本哉をはじめ、各団体で狼煙を上げる新しい労働運動のリーダーたちが紀伊國屋ホールに集結する!
これがこの日本で実際に起こっている現実なのだ!

■ パネリスト
雨宮処凛(作家・『生きさせろ! 難民化する若者たち』著者)
小熊英二(慶應大学教授)
松本 哉(貧乏人大反乱集団/高円寺ニート組合/素人の乱)
大平正巳(フリーター全般労働組合)
河添 誠(首都圏青年ユニオン)
関根秀一郎(派遣ユニオン)
池田一慶(ガテン系連帯
今野晴貴(POSSE)
冨樫匡孝(自立生活サポートセンター・もやい)

雨宮処凛(あまみやかりん)
1975年北海道生まれ。99年、ドキュメンタリー映画『新しい神様』(監督・土屋豊)に主演。00年『生き地獄天国』を出版しデビュー。著書に『自殺のコスト』『暴力恋愛』『戦場へ行こう!~雨宮処凛流・地球の歩き方~』『悪の枢軸を訪ねて』『すごい生き方』『バンギャル ア ゴーゴー〈上〉〈下〉』など。現在は生活も職も心も不安定に晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み、取材、執筆、運動中。フリーター全般労働組合賛助会員、フリーター問題を考えるNPO「POSSE」会員、心身障害者パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」名誉会長、ニート・ひきこもり・不登校のための「小説アカデミー」顧問。

小熊英二(おぐまえいじ)
1962年東京生まれ。出版社勤務を経て慶応義塾大学総合政策学部教授。主著に『単一民族神話の起源』『<日本人>の境界』『<民主>と<愛国>』など。現在は60年代の社会運動を研究中で、その観点から現代のプレカリアート運動にも関心を持っている。

■日時 9月21日(金) 19:00開演(18:30開場)
■会場 新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)
■料金 1,000円(全席指定・税込)
■前売 9月1日(土)発売開始
■前売取扱 キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5F/受付時間10:00~18:30)
■予約・問い合わせ先 紀伊國屋ホール 03-3354-0141(受付時間 10:00~18:30)
■主催 紀伊國屋書店
■協力 太田出版
スポンサーサイト

2007年09月13日 ご案内 トラックバック:2 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/tb.php/111-91c4b00b

世界名作劇場「赤毛のアン」メモリアル・ア

&nbsp;世界名作劇場赤毛のアンこのアニメ、毎週かかさず見ていたので、すごく懐かしいです。少し高値なのが難点ですが、赤毛のアンのファンにはたまらない一冊だと思います。赤毛のアンをお好きな方は多いでしょう。私も当時夢中になった一人です。原作も大ファンでしたが、

2007年09月15日 映画の思い入れ

ワーキングプア

&nbsp;社会勉強にこんなに簡単で便利とは思いませんでした。ポイントも付くし、家にいながらです。ワーキングプア=年収200万円以下の労働者、主として非正規社員:アルバイトや契約社員の存在について、実例の紹介・個人のインタビューを載せ、その実情について現状をえぐり

2007年09月16日 社会のレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。