スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「死にたくない」・・・・・・よな。猛暑対策で団体交渉!!

「死にたくない」・・・・・・よな
       工場の猛暑対策は万全か?

 日野自動車で働く、社員、期間工、派遣社員のみなさん。
 例年を上回る猛暑が続く毎日、ほんとうにご苦労さまです。
 8月22日、FCC(フルキャストセントラル)ユニオンは、日野自動車に対して緊急の団体交渉実施を申し入れました。テーマは猛暑対策」。8月24日午後には、その団交が行われます。

●「熱中症」で倒れる人が続出している。
 「死にたくないよな」――この暑さの中、そんな会話があちらこちらで聞かれるほど、「熱中症」で倒れる人が相次いでいます。

 8月21日(火)には、私たちFCCユニオンのAさんが、日勤の残業を終えた瞬間の夜8時頃、立っているのがやっとで、近くのパレットに座ったまま動けなくなってしまいました。その晩は立川中央病院で点滴治療を受けました(翌日工場を休んでふたたび診てもらったところ、熱中症と筋けいれん症で5日間の安静が必要と診断されました)。
walk.jpg

【写真】倒れた当日のAさんの万歩計


 同じ21日には、Aさんのほかにも、本社工場だけで3人(うち2人が組立ライン)が熱中症で倒れたと報告がありました。8月に入って、いったい何人が熱中症で倒れているのでしょう?

 あまりに異常な事態。たかが熱中症、死ぬのは弱い老人やこどもだけなどと軽視するのは大間違いです。労働災害統計を分析した、有名なアメリカの技師ハインリッヒの法則(1件の重大災害(死亡・重傷)が発生する背景に、29件の軽傷事故と300件のヒヤリ・ハットがある)を思い起こせば、適切な改善策がとられないかぎり、工場で死者が出ても不思議ではないのです。

 水分補給や本人の健康管理も重要ですが、いちばん大事なのは会社の安全配慮日野自動車が、環境省の以下の指導をもとに緊急の安全対策を講じてほしいと私たちは思います。

(熱中症保健指導マニュアル「高温環境下での労働」)
◆「作業場所の近隣に冷房室や日陰などの涼しい休憩場所を設けること。休憩場所は臥床できる広さを確保すること」
◆「気温条件、作業内容、労働者の健康状態などを考慮して、作業休止時間や休憩時間の確保に努めること」
◆「人力による掘削作業等のエネルギー消費量の多い作業や連続作業はできるだけ少なくすること」


●期間工のBさんはなぜ死んだのだろうか?
 8月18日、熱処理を担当していた期間工のBさんが寮で死亡していました。ご冥福をお祈りします。
 事件の経緯や原因について、日野自動車が丁寧な説明をして下さることを私たちは期待しています。
スポンサーサイト

2007年08月23日 フルキャストセントラルユニオン トラックバック:3 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/tb.php/107-18bb0c29

フレー、フレー!ガテン系労組

ガテン系労組のブログに以下のような記述がありました。私の働いているところも暑いですが、半端じゃない暑さのようです。

2007年08月26日 57歳パート日記

熱中症対策

毎年のように話題になって、そして毎日のように発症するひとがいて、それでも対策なんてのは「スポーツドリンク1本」がたまに配布されるだけで、カイゼンは常に利益に関わることばかりで、従業員の健康に対してはいまだに精神論みたいなものが言われたり、自己管理というこ

2007年08月27日 トヨタ期間従業員に行こう

猛暑猛暑(もうしょ)とは、普段と比べて猛烈に暑いときのことである。酷暑(こくしょ)と類義であり、しばしば報道や日常会話で使われる。主に夏の天候について用いるが、晩春や初秋でも使用する。2007年4月1日付けで気象庁が予報用語の改正を行い、日最高気温が摂氏35度以

2007年09月13日 災害を知るHP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。