スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日研総業の春闘、解決! &  いよいよ日野自動車が希望する派遣社員を期間工に採用へ

日研総業の春闘、ようやく解決しました!
時給100円引き上げへ
日野自動車、本社工場、羽村工場で連休手当3万円も支給


●7/26 労使協定に調印。
 日研総業の派遣社員のみなさん、すべての派遣会社の派遣社員のみなさん。そして、日野自動車の社員のみなさん。
 日頃からガテン系連帯へのご理解、ご支援ありがとうございます。

 このブログでは、ずいぶんご無沙汰していましたが、この間に今年3月から続いた日研総業の07春闘が、ようやく解決しましたので、ご報告します。

 7月26日に調印した労使協定の主な内容は次の通りです。
協  定  書 (要 旨)

1.日研総業日研総業ユニオンは、派遣社員の細切れ雇用を改善する必要性について確認。本年中に改善方向を明確にする。
2.日研総業は、派遣社員の労働条件を期間工と同一水準に近づけるよう努める。
3.時給を100円引き上げ、1250円とする。(日野、羽村で勤続1年以上。9月1日から)
4.5月と同様に8月も「連休手当」を3万円支給する。(日野、羽村で。9月20日)
5.寮費を本年7月から最大1万3千円引き下げる。(基準は別表。地域別になっています。)
6.本年8月から作業服を無償支給する。(1着目。支給基準は別途協議)
7.連休手当の制度化、寮費・備光熱費などのさらなる見直しなどについて解決に向けて継続協議する。
 2007年7月26日
    日研総業株式会社          日研総業ユニオン
    代表取締役 清 水 真 一     執行委員長 和 田 義 光


●「派遣社員の労働条件を期間工と同一水準に」と約束!
 日野自動車で働く派遣社員の年収は、期間工と同じしごとをしているのに、これまで100万円以上も低いのが現実でした。これを改善したいと願って昨年10月、私たちは日研総業ユニオンを結成しました。今回調印した協定書で、日研総業は「派遣社員の労働条件を期間工と同一水準に近づけるよう努める」と明言。今後もユニオンとの協議を継続していくと約束しています。

 私たち派遣社員の切実な要求を誠実に受け止め、改善を決断して下さった日研総業の経営陣の方々に感謝したいと思います。また、同じように、誠実な態度で団体交渉に応じて下さった日野自動車の経営陣の方々にも感謝致します。派遣社員のみなさん、日野自動車の社員のみなさんのご支援、ご協力にも心からお礼申し上げます。

 派遣社員も力を合わせれば出来る! 私たちはそう確信しました。これからも頑張ります。


■■希望する派遣社員は期間工に採用へ■■

06年9月1日から継続して勤務した人が対象者、応募期間は7/31~8/3まで

●8/24に雇用契約 
 日野自動車が私たち派遣社員の直接雇用を決定しました。そして、対象となる派遣社員全員に対して、7月30日付で申し込みを行いました。

 対象者は今年8月末日で1年間継続勤務したことになる派遣社員。希望する派遣社員は、9月1日以降はだれでも、現在の期間工と同一の雇用条件(賃金・労働条件や雇用契約期間など)で日野自動車で働くことができるようになるのです。

 これは、労働者派遣法が定める「直接雇用の申し込み義務」にもとづく措置です。

 派遣会社は、同じ就業場所の同じ業務に1年以上続けて派遣社員を派遣することができません(この制限期間は今年3月からは3年に延長)。したがって、1年を超えて派遣社員に仕事をしてほしい派遣先メーカーは、派遣社員に対して、「直接雇用」を申し込み、その派遣社員の雇用を安定させなければならない、と派遣法は規定しています。

 ところで、派遣社員を使っている製造メーカーは、派遣社員を直接雇用すると賃金が高くなってうまみがなくなるで、見かけ倒しの直接雇用でごまかしているケースが多いのが実態です。日立製作所などは、直接雇用したものの賃金も労働条件も派遣社員と全く同じ、つまり、レッテルを貼り替えただけというひどい内容でした。

●直接雇用で年収と労働条件は大幅に改善されます
 しかし、日野自動車は、こうしたごまかしをしませんでした。私たちに対して、「現在の期間工と同一の賃金・労働条件で直接雇用する」と明言して下さいました。 

 現在の期間工は、派遣社員より年収がおよそ100万円以上も多く、寮費や光熱費や備品代を差し引かれることはありません。雇用も派遣社員より安定しています。法の網の目をかいくぐる姑息な手法を用いるメーカーも多い中、法律通りなので当然といえば当然ですが、私たちの要求を真剣に受け止めて下さった日野自動車の決断を、私たちは心から歓迎したいと思います。

 私たちは、日野自動車が今後とも、派遣社員の雇用安定と労働条件のために今後とも誠実な話し合いを続けてくれることを期待しています。 
スポンサーサイト

2007年07月29日 日研総業ユニオン トラックバック:0 コメント:1

早く両方潰れてしまえ

2008年08月30日 川本義則 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。