スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

労政審公益委員の「派遣法改正案」は「名ばかり改正案」 だ

労政審公益委員の「派遣法改正案」は「名ばかり改正案」だ
私たちは、労働者派遣法の抜本改正をもとめます
 

 昨日の労働政策審議会で公益委員から、厚労省が作成したという派遣法改正案が提出されました。厚労省は来年の通常国会に派遣法改正案を提出する方針といいます。

 この改正案は、「登録型派遣の禁止」、「製造業派遣の禁止」を謳っていますが、製造業派遣の禁止は「常用型を例外的に除外する」という例外規定が設けられており、その常用型雇用も「期間の定めのない雇用」とはしていません。また、「派遣先の団交応諾義務」などの派遣先強化の規定がなくなっています。この公益委員案は財界の意向を受け、現政権の連立合意にもある派遣法改正の骨抜きを図ったものとしか思えません。これでは「名ばかり改正案」です。「派遣法改正」の名を借りて、現場の労働者を愚弄する公益委員案に対し、私たちは強い憤りを覚えます。

 公益委員案は、製造業派遣の禁止について、「常用型派遣」を除外するといいますが、「常用型派遣」というのは、派遣会社との間に「期間の定めのない雇用」を結んでいる派遣のことを一般的に意味していますが、このことは明確に規定されておらず、実際には常用型派遣の労働者の3分の2が有期雇用であるのが実態です(厚生労働省「2008年派遣労働実態調査」)。また、今年2月の厚労省調査では調査対象の常用型派遣労働者1万2456人のうち1万320人(82.9%)が失職していることが明らかになっています。常用型派遣も不安定さでは代わりがありません。これでは「登録型派遣の禁止」も実際上は骨抜きになってしまいます。

 もし仮に「常用型派遣」が安定した雇用であるとしても、一定期間雇用する常用雇用の負担は派遣会社に押しつけられます。そして、そのツケは派遣会社が負うのではなく、派遣労働者の賃金切り下げによってなされることになるでしょう。

 また、製造業工場で派遣社員が担わされるのは非熟練労働である場合が多く、教育訓練からは排除されています。「いつまでも一年生」というのが私たちの実感です。「いつまでも一年生」のままで各地の職場を転々としながら、将来に希望を持ちながら生き続けることができるでしょうか? 

 派遣法が適用される限り、派遣契約の解除・非更新によってなされる派遣労働者の使い捨ては、従来通りであり、企業の非人間的な「メリット」は変わりません。加えて、全産業で働く派遣社員の41.6パーセント(厚労省「2009年派遣労働実態調査」)が製造業派遣であるという事実を鑑みれば、例外なしに製造業派遣を禁止すべきです。

 そもそも労働者派遣法の抜本的な改正が「三党連立合意」にまで明記される政治の大きな課題となったでしょうか。それは、昨年秋来、大企業によって断行された「派遣切り」や、それに対して各地の派遣社員らが立ち上げたユニオン、たくさんの人々の力で開設された「年越し派遣村」の取り組みが明らかにした通り、派遣労働が多くのワーキングプアを生み出し、すでに労働者の命すら脅かされかねないほどまでの状態が日本社会に広がってしまっているからです。

 いま派遣法改正をめぐって問われているのは、この現実を放置するのか、否か、です。

 私たちは労働者の立場からの労働者派遣法の抜本改正早期実現を強く求めます。

                      2009年12月19日
                      NPO法人 ガテン系連帯


スポンサーサイト

2009年12月19日 派遣法改正 トラックバック:1 コメント:1

「もうひとつの労政審」開催しました

 一昨日、ガテン系連帯も参加する「派遣法の抜本改正をめざす共同行動」主催の院内集会「もうひとつの労政審」が開催されました。
 派遣切りや派遣村のような実態を踏まえず、派遣法改正の議論が全く進まない厚生労働省の労働政策審議会(労政審)に対抗する形で開かれたのが「もうひとつの労政審」です。

 会場となった議員会館会議室には、120名が参加しました。
 専門有識者からは毛塚勝利さん(中央大学法学教授)と、田端博邦さん(元東大社研究・仏労働法)とが、派遣の現場からは日産自動車の事務派遣で働いていた首都圏青年ユニオンの女性と、日野自動車ユニオンのメンバーとが発言しました。

20091201.jpg


 有識者からは「派遣法改正をすべきではない」という労政審での論点についてつぶさな反論がなされました。

 毛塚さんは「派遣の目的をテンポラリー(一時的臨時的)にするなら期間制限が必要だし、妥協して雇用の調整弁とするなら量的規制やリスクを負うのだから賃金を高く設定すべき」と派遣の目的の曖昧さを指摘しました。また登録型派遣については雇い主の責任明確化のためにすべき、そのうえでアドホック(一時的)なものをパーマネント(恒常的)なものにするために教育訓練が不可欠と話しました。

 田端さんは、「製造派遣を禁止している国はない」という労政審使用者代表委員の発言に対して、「ヨーロッパでは厳しい納期もなく、企業の関係も違う、派遣の割合は日本のように高くない。だから派遣村のようなことはヨーロッパでは起きていない」「日本では派遣切りが起きた、これをどうするかだ」と話し、高い割合で派遣社員が受け入れられている製造業の派遣禁止も含め現状に即した対応をすべきと話しました。
(有識者発言の詳細は別途まとめる予定です)

 日産自動車の元派遣社員は、「4年以上働いてやっと仕事ができるようになったのに、正社員にはさせないといわれてショックだった、専門業務の事務機器操作で働かされたが専門業務はエセがほとんど、派遣会社が私にしてくれたのはピンハネだけ」とはなしました。

 日野自動車ユニオンは「スキルが磨かれるから派遣でよい」という労政審の発言に対して「派遣は毎日毎日同じ作業をさせられ、全くスキルがつけられない、派遣は機械の部品という考えが当たり前になっている」と声を大きくしました。

 国会議員からは、工藤 仁美 衆議院議員(民主党)、近藤 正道 参議院議員(社民党)、小池 晃 参議院議員(共産党)がそれぞれ発言していただきました。また、時間の関係でご発言いただけませんでしたが、紙 智子 衆議院議員(共産党)、服部 良一 衆議院議員(社民党)が会場まできてくださいました。ありがとうございました。

 今後、私たちは派遣法の抜本改正をめざしてさらに行動を重ねていきます。
 みなさまのご支援ご協力をよろしくお願いします。



注)「連立政権樹立にあたっての政策合意」
6.雇用対策の強化―労働者派遣法の抜本改正―
○ 「日雇い派遣」「スポット派遣」の禁止のみならず、「登録型派遣」は原則禁止して安定した雇用とする。製造業派遣も原則的に禁止する。違法派遣の場合の「直接雇用みなし制度」の創設、マージン率の情報公開など、「派遣業法」から「派遣労働者保護法」にあらためる。

2009年12月03日 派遣法改正 トラックバック:0 コメント:0

11/25日野自団交報告「寮は改善します」

日野自動車回答:寮は改善します
ユニオンの要求で会社が動きました

 日野自動車で働く期間工、請負、応援、正社員のみなさん、今日もご苦労様です。
 日野自動車ユニオンをご支援くださっているみなさん、ありがとうございます。

 お知らせしました通り、ユニオンは25日、日野自動車と団体交渉をしましたのでご報告します。

○ 第五羽村寮のボイラーを修理する
 ユニオンは第五羽村寮のお風呂の改善を求めていましたが、日野自動車はボイラーの工事をすると回答していました。

 ただし第五羽村寮は老朽化が進んでおりボイラー工事は応急措置にすぎないそうです。しっかり直すには抜本的工事が必要だが、借り上げ寮であるため大家さんとの話し合いが必要と北島厚生室長は話しました。ユニオンからは期間工の生活のためにしっかりしてもらいたいと要求。「やれるところから改善する」と北島厚生室長は答えました。

○日野自動車:寮全体の問題点を吸い上げる
 また、日野自動車はユニオンからの申し入れを受け、各寮の問題点を吸い上げるように指示していることを明かしました。12月中に集約し、改善に乗り出すとのことです。


■□日野自:契約はできるだけ延長したい
しかし、4月以降見えない□■

 ユニオンは気になる期間工の雇用情勢についても説明を求めました。

○ 北島厚生室長:去年のようにドサッと切るようなことはしたくない
 「応援」を調節して期間工は切らないようにしたい
 「ふたたび期間工を年末に切るようなことはしないでもらいたい」とユニオンが要求すると、北島厚生室長は「去年のようにドサッと切るようなことはしたくない」と明言。希望者は延長するように努力したいと答えました。そして、そのために応援(出向や別工場からの応援)を調節して期間工を切らずにすむようにする、と説明しました。

○4月以降は、わからない
 しかし、もし仮に延長されたとしても、それはほんのつかの間の安息に過ぎないようです。会社は団体交渉で「今のプラドの新車効果をいつまで続くかわからない」とし、特に「4月以降はわからない」と説明しました。

○ 年度末にまた首切りか?
切られる前にユニオンへ集まってください
 7月までに4,000人の派遣・期間工をとり、8月に募集をかけ1,100人を集め、また3月末に切る、など許されることではありません。まともな経営者であれば、期間工の生活も考えたうえで雇うのが当然です。

 私たちは、昨年末に無残に切られた期間工の雇用回復を求めるとともに、現職の期間工の一番の要求である雇用継続を求めていきます。

 ふたたび切らせないためにも、切られる前の行動が重要です。ユニオンに集まってください。
 やればできることがたくさんあります。
 まずはお気軽にご連絡ください。
 よろしくお願いします。


■日野自動車ユニオンは誰でも一人からでも入れます。
岡本物流、ホンダロジコム、マブチなど下請けの方も、外国人の方も歓迎です。
またみなさんの要望を受け付けたり、相談を受けたりもしています。是非ご連絡ください。

労働相談はお気軽に。
相談無料・秘密厳守。

●メール
info@gatenkeirentai.net
●電話
03-3861-6210
月~金 11~18時

2009年12月01日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。