スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日野自:満了報奨金について

誰のための 満了報奨金?

○皆勤手当がなくなってできた満了報奨金

日野自動車は昨年秋以来「派遣切り・期間工切り」行い、今年の7月までにはすべての派遣・期間工が工場から姿を消しました。

ところがその翌月の8月には期間工900人が必要と発表し大規模な募集を始めました。新しい期間工の契約で皆勤手当が廃止され、満了報奨金ができました。その違いは以下のとおりです。

*******************************
皆勤手当 :1ヶ月間、無休で2万円支給(20日稼働の場合)
↓変更
満了報奨金:3ヶ月間、無休で6万円支給

○皆勤手当がない分だけ時間外単価も減ります。
皆勤がある場合の時間外単価:(\9,000+\1,000)÷7.92×1.3=\1,641
皆勤がない場合の時間外単価:  \9,000   ÷7.92×1.3=\1,477
※1日1時間残業なら月当たり\3,200程度減額になったことになります。
*******************************

○3カ月間、一日も休めない・・・インフルエンザでも!?
言うまでもなく、3ヶ月に1回でも休んだら、満了報奨金6万円はもらえません。新しく赴任してきた期間工には有給がありませんから、もしインフルエンザになれば、6万円を諦めて工場を休むしかありません。しかし6万円は本当に大きいです。生活のために無理をして出勤せざるを得ないといったことも起こりかねません。

社員の場合にはインフルエンザと診断を受けた場合には有給があります。期間工にもインフルエンザで休んでも満了報奨金を減額しない、日給を支給するなどの措置をとるべきだとユニオンは考えます。

○皆勤手当を復活すべきです
日野自動車としては満了報奨金をつけて、3ヶ月は休まないで働け、といいたいところなのでしょうが、この制度はインフルエンザの例の通り、期間工にとっても日野自動車にとってもいいことはありません。

それならば、かつての通り、1ヶ月毎の「皆勤手当」を復活させるべきです。
スポンサーサイト

2009年11月28日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:0

12/1「もうひとつの労政審」を開催します!

12/1「もうひとつの労政審」を開催します!
多くの結集をお願いします!

労働者のための派遣法抜本改正の実現を!労働政策審議会は、適正な派遣法改正に向けた道筋をつける任務があります!

去る10月7日、政権交代後最初の労働政策審議会が開催されました。開催に先立ち、長妻厚生労働大臣は、審議会に対し、昨今の現実に踏まえた審議をとの主旨の諮問を行いました。雇用破壊の実態に踏まえた改正を示唆するものであると言えるでしょう。

 ところが、当日、こともあろうに公益委員から「製造業派遣の禁止は職業選択の自由を奪う」などという耳を疑う発言があったといわれています。

 民意と、社会正義にもとる発言と言わざるをえません。

 私たちは、現状を認識した上で、あるべき派遣法改正へと導くための審議が行われてこそ労働政策審議会は意味があるのです。

 派遣法抜本改正の早期実現を図るため、そして、まっとうな議論の前提とは、かくあるべしと言うことを示すために、下記の要領で『もうひとつの労政審』と銘打った緊急企画を開催いたします。多くの方の結集をお願いいたします。


名称 『もうひとつの労政審』

 日時 2009年12月1日(火)12:30~(12:00開場)
場所 衆院第二第4会議室
内容 12:30~14:00 各党議員の決意表明(全政党に呼びかける)

14:00~16:00 専門有識者発言
派遣労働をめぐる法政策の基本的考え方」毛塚勝利氏(中央大学法学部教授)

「各国労働法制について」-製造業派遣禁止の国はないという主張に対して-田端博邦氏(元東大社研・フランス労働法)

 その後、16時から、今後に向けた相談会の開催を予定しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
連絡先 労働者派遣法の抜本改正をめざす共同行動事務局(全国ユニオン気付)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13MKビル2F
TEL 03-5371-5202  FAX 03-5371-5172
http://mutokyo.blog57.fc2.com/blog-entry-4.html
e-mail:abe326@netlaputa.ne.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2009年11月25日 派遣法改正 トラックバック:0 コメント:0

日野自動車との団体交渉は25日

日野自動車に第五羽村寮の風呂場改善を求める団体交渉を申し入れていましたが、団体交渉の日程が11月25日に決まりました。
がんばります。


以下、申し入れの経緯とアンケートの主な内容のご報告です。

******************

日野自動車に申し入れ
第五羽村寮の風呂場改善を要求


日野自動車で働く期間工のみなさん、下請のみなさん、正社員のみなさん、
毎日お疲れ様です。

○アンケートへのご協力ありがとうございました。
ユニオンの行ったアンケート調査へは57人の期間工の方がご協力いただきました。ありがとうございました。主な結果は、このチラシのウラ面に掲載します。

○第五羽村寮の風呂場を改善して欲しい
アンケートでは「日野自動車に要求したいこと」をお聞きしましたが、アンケートに答えてくださった方の内、6名の方がこの質問に、第五羽村寮の風呂場を改善して欲しいと回答しました。
細かくまとめると、状況は、以下の通りです。

 ①熱湯か、真水しか出ない
 ②水圧が足りずちょろちょろしか出ない
 ③そのため、シャワーが8つほど並んでいるが、誰か他の人が使うと、急に温度や水量が変わってしまう。
 ④シャワーはとても使えないので、お風呂のお湯や蛇口のお湯を洗面器に溜めて使っている
 ⑤シャワーの数に対していすが足りない


○ユニオンは会社に風呂場の改善を申し入れました。
毎日疲れた体を休めるのに寮の状況は、重要なものです。そこでユニオンは先週、寮の改善を求めて申し入れを行いました。
近日中に団体交渉が開かれる予定です。ご注目下さい。


◆◆アンケート調査で寄せられた声◆◆


ユニオンが行ったアンケート調査には57名がご協力くださり、たくさんの不安の声が寄せられました。ご協力くださったみなさん、ありがとうございました。日野自動車は「従業員は宝」というのなら、期間工の声にしっかりと答えるべきです。アンケートに寄せられた主な回答は次のとおりです。

○「契約がいつまで続くのだろうか・・・」
「期間工として働いていて、不安に思うことを教えてください」との質問には、45人の方が答えてくださいました。そのうちの21人、46.7%が「契約が更新されるか不安」「切られるのが怖い」「いつまで働けるか」など、「雇用が不安定なこと」をあげました。
延長が決まっているかとの質問への回答は次のとおり。契約更新が決まっているのはたった1/4。「ない」と答えた人は34%もいます。

契約更新ある:14人(26.4%) ない:18人(34.0%) わからない:21人(39.6%)文字色※延長有りの人は全て3カ月の延長ということです。

○日野自動車に要求したいこと
アンケートでは、「日野自動車へ要求したいこと」を質問しました。いくつかをご紹介します。


契約期間を長くして欲しい
長く働けるようにして欲しい
正社員として働きたい
皆勤手当を戻してほしい
雇用保険がもらえるよう、半年は仕事をしたい
日給をあげてもらいたい。家を探せない。
寮のシャワーをなおしてもらいたい
寮の風呂の調子が悪い
バイクを寮に止めさせてもらいたい
給湯器をつけてもらいたい


○ユニオンは、みなさんの思いを日野自動車に届けます
日野自動車ユニオンは、すでに寮の問題について緊急で申し入れをおこないました。これから雇用の問題、満了報奨金の問題など今回寄せられたみなさんの声を実現するために会社と交渉をしていきます。そのためにもみなさんのご協力が必要です。よろしくお願いします。

■■ユニオンの相談は無料です。
派遣、請負、期間工など、どんな働き方でも誰でも1人でも大丈夫です。
秘密厳守、相談無料!

東京都千代田区岩本町3-6-5木所ビル3F
電話03(3861)6210(月~金 11:00~18:00)
HP:www.gatenkeirentai.net
E-Mail: info@gatenkeirentai.net

2009年11月12日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。