スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

9/15・日野自動車団体交渉報告

****************
契約なら何してもいいの?
期間工はまた使い捨てでしょうか?
****************


日野自動車で働くみなさん、毎日お疲れ様です。
9月15日、日野自動車とユニオンとの団体交渉が開催されました。

○日野自:プラドのフルモデルチェンジで人員が必要になった
 日野自動車は、期間工を採用を再開した主要な理由として、トヨタの受託生産のプラドのフルモデルチェンジをあげました。プラドを組み立てている羽村工場(600人)と小型エンジンを組て立てている新田工場(250人)で大規模な人員が必要となったそうです。日野工場での採用が50人と少ないのは、生産回復の見通しがまだ立たないからとのことでした。。

 また、900人採用が決まったのは8月3日で、その前日までは募集する予定はなかったとのことです。以前の団体交渉で会社は、どうがんばっても一月に期間工は200人ほどしか集まらない、と説明していましたが、今回の急募は「はなれワザ」とのことです。
 「はなれワザ」で集めなければならないほどに人が必要になるのなら、今年7月までに使い捨てとなった4,000人の派遣・期間工は何のために切られたというのでしょう? また「はなれワザ」的に切り捨てるのでしょうか?

 しかも厳しい状況につけこんで、ちゃっかり労働条件が切り下げられています。

********************
◇新しい期間工の労働条件◇
①初回契約
 4ヶ月→3ヶ月
②寮への滞在
 契約終了から1ヶ月後まで→契約終了の次の日まで
 (ユニオンの要請で決定)
③皆勤手当
 1ヶ月ごとに2万円→3ヶ月ごとに6万円(「満了報奨金」)
          (3ヶ月間に1日でも欠勤したらもらえない)
***********************



○「契約ですから」①:「年末に切られても仕方ない」
 今回の契約は、初回3ヶ月です。10月から採用された期間工は、年末に契約満期となります。昨年末には多くの期間工がクビを切られ、ホームレスとなりました。そのことに対する世の中の批判も大きかったところです。

 契約延長の有無について会社は、「わかりません」と一言。年末に人をクビにすることに問題を感じないのかと尋ねたところ「いつの時代も年末に契約を切られる人はいる。年末でも問題ない。そういう契約でやっているのだから」と答えました。「はなれワザ」で大量に首を切り、「はなれワザ」でまた急に集められ、それでも一生懸命働こうという期間工に対して、こんな乱暴な言い方があるでしょうか。

○「契約ですから」②:「寮は元旦でも、即日出て行ってもらいます」
 昨年末、延長なしとなった期間工は元旦に寮を出て行くことを求められました。私たち日野自動車ユニオンは、寮を出て行くといっても元旦はあんまりだ、と抗議。寮への滞在延長を会社に要求しました。その結果、日野自動車は寮への滞在延長1ヶ月を決めました。

 住まいのあてもなく寮を追い出されてしまっては命すら失いかねません。次の住まいが見つかるまで寮への滞在を許可するのが、人間としての最低限の扱い、会社の雇用責任であるはずです。

 ところが、今回の団体交渉で日野自動車の北島厚生室長は、「寮への滞在は、元に戻す」と説明しました。「寮への滞在は契約と対(つい)だから即日出て行ってもらう」、「世の中全部そう」なのだそうです。
 
○契約ですから・・・また、ホームレスでしょうか?
     ・・・・・・いえいえ、大丈夫です! ユニオンがあります!
 読んでお分かりになるとおり、日野自動車は私たち働くものの人生などお構いなしです。不況の影響でクビを切られ、長い失業が続く中、やっと日野自動車の期間工の仕事を見つけた、という方も多いかと思います。それだけに今回の団体交渉の報告を読んでがっかりされたり、不安になられたりした方もおられるのではないでしょうか。
 でも、大丈夫です。ユニオンがあります。ユニオンに集まりさえすれば、期間工でも会社と話し合うことが出来ます。そして、世の中の多くの人は私たちの味方です。不安のある方は是非お気軽に私たちにご連絡ください。ちからになれます。

 そして日野自動車で働くすべてのみなさん、どうかみなさんの働いておられる日野自動車が再び乱暴な解雇をくり返さないために、ユニオンへのご支援ご協力をよろしくお願いします。

【日野自動車ユニオン】
●メールinfo@gatenkeirentai.net
●電話03-3861-6210(月~金 11~18時)

労働相談はお気軽に。相談無料・秘密厳守。
誰からでも1人からでも入れるユニオンです。
スポンサーサイト

2009年09月30日 雑誌 トラックバック:0 コメント:0

【9/30・10/29集会案内】労働者派遣法改正まったなし!

労働者派遣法改正まったなし!
10/29日比谷に全国から結集しよう!


政権交代!鉄は熱いうちに打て!労働者のための派遣法抜本改正の実現を!


 自民、公明の歴史的大敗北から約半月がたち、新政府が発足、組閣されました。

 選挙前、民・社・国3党による派遣法改正案が提出され、選挙戦においても、当時の野党各党は、マニュフェスト、選挙公約において抜本改正を公約に掲げて闘いました。

 自民、公明の壊滅的敗北は、雇用も含めた市場原理主義に対する選挙民の怒りの発露にほかなりません。この気運を派遣法抜本改正の実現に結び付けようではありませんか。

 鉄は熱いうちにうて!抜本改正を磐石なものにするために、10月29日に全国から日比谷野外音楽堂に結集し、首都中枢で、政府、国会に私たちの声-『今国会で派遣法の改正を公約どおり実現しよう!』-を轟かせましょう!
 全国から、日比谷に総結集しましょう!

9/30「政権交代-さあ派遣法改正だ!」院内集会、全国相談会開催!
 10月29日の大結集を準備するために、下記のような前段行動を行いたいと思います。多くの方々のご参集を心から呼びかけます。

9・30「政権交代―さあ派遣法改正だ!」院内集会
日時:2009年9月30日(水)13:30~15:30-開場 13:00~
場所:参議院議員会館第二、三会議室
内容: 各党議員の決意表明(全会派に呼びかけ予定です)
    基調報告『今国会で必ず実現しよう派遣法改正』(仮称)ー共同行動
    現場からの発言 職場からの報告 各地区からの報告 
    各界からの挨拶 弁護団 有識者(予定)
    行動提起ー共同行動

10/29「派遣法改正日比谷大集会」(仮称)
日時   2009年10月29日(木)18:30分~(開場:18:00)
場所   日比谷野外音楽堂(集会後デモを予定しています)
内容   現場から 政党挨拶 労働界 労働弁護団 現場の仲間から

連絡先 労働者派遣法の抜本改正をめざす共同行動事務局(全国ユニオン気付) 
TEL 03-5371-5202  FAX 03-5371-5172
http://mutokyo.blog57.fc2.com/blog-entry-4.html
e-mail:abe326netlaputa.ne.jp

2009年09月22日 派遣法改正 トラックバック:0 コメント:1

日野自団体交渉は15日――私たちは働きたい

私たちは働きたい
新たに900人も募集するなら・・・


 日野自動車で働くみなさん、おはようございます。
 暑い夏がまだまだ続きますが、私たち日野自動車ユニオンはみな元気でがんばっています。

●7月末までに2,700人を解雇。ひと月経ったら900人募集
 ・・・これって、どこかおかしくないですか?

 9月3日の新聞報道によれば、日野自動車は900人の期間工を新たに採用する方針を明らかにしました。内訳は羽村600人、新田250人、日野50人で、在庫調整が8月までにほぼ終わったからだそうです。

 すでに8月半ばからハローワークに求人票が出され、求人誌にも大々的な広告が出されていましたが、なんとも身勝手な話だと思わずにはいられません。日野自動車は、昨年夏から今年7月にかけて、実に2,700人もの期間工を解雇したばかりだからです。派遣社員も含めれば、クビを切られた労働者の数は4,000人にものぼります。ホームレスになった人も相当数いました。

 これだけの人の人生をめちゃくちゃにしておきながら、わずか1カ月後に900人も募集するというのですから、開いた口が塞がりません。どのように言い訳しようと、日野自動車は、期間工や派遣社員のことを使い捨て自由な道具としか見ていないのでしょう。

●解雇した人を優先的に採用すべきではありませんか?
 また、私たちは昨年12月いらい、「期間工の募集を再開するなら、これまで働いてきた期間工で希望する者を優先的に採用してほしい」と申し入れを重ねてきたのですが、これについても会社は全く無視したままです。

 ユニオンのメンバーを含めて、解雇され期間工や派遣社員の多くが新しい仕事を見つけることができず、失業保険が切れる人も出始めています。路頭に放り出した期間工をまず職場に戻すことが日野自動車の社会的責任ではないでしょうか。現場にとっても、仕事に慣れた人たちが戻ってきてくれた方が安全面でも品質面でもずっと良いはずです。

●15日に団体交渉が行われます
 こうした事態に対し、私たちは3日、すぐさま団体交渉を申し入れたところ、来週15日夜に交渉が行われることになりました。

 私たちの要求は、
第1に、募集再開の経緯について説明すること、
第2に、解雇した期間工を優先的に採用すること
の2点です。

 日野自動車が誠実な対応をするよう、みなさんの応援をよろしくお願いします。

***************************
ご相談はお気軽にどうぞ。
秘密厳守、相談無料です。


☆ガテン系連帯☆
電話03(3861)6210(月~金 11:00~18:00)
E-Mail: info@gatenkeirentai.net

2009年09月11日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:2

日野自動車へ団体交渉を申し入れました。

 各紙が報じている通り、日野自動車が期間工募集を大規模な形で再開しました。10月中旬までに900人を採用するといいます。

 雇用維持のための国の助成金の利用すらしようとせず、大量のホームレスを生み出しながら4千人ちかい労働者のクビがきられました(報道では2700人となっていますが、これは期間工のみ。これに加えて派遣がいます)。それからほんの数ヶ月でこの規模の募集とはどういうことなのでしょうか。唖然としてしまいます。

 ガテン系連帯の支援で、昨年12月に立ち上げられた日野自動車ユニオンのメンバーは12月末から2月末までに全員「雇い止め解雇」にあいました。中には足掛け20年の間に15年も期間工として働いてきた人もいます。 現在も寮に滞在しながら、会社に対して解雇の撤回を求めて裁判を含めた取り組みを続けています。

 こうした中での募集再開にもかかわらず、残念ながら日野自動車からは今回の大規模な募集について何の説明もありませんでした。

 本来であれば、これまで日野自動車でがんばって働きながらも解雇になり涙を呑んできた期間工から優先的に雇用するのが当然です。白井芳夫・日野自動車社長は「従業員は宝」とテレビ番組で話していますが、これが「宝」に対する扱いなのでしょうか。

 今回の募集について私たちは9/3、日野自動車に対して団体交渉を申し入れを行い、募集再開の経緯の説明と、この間で「雇い止め解雇」となった期間工の優先的再雇用を求めました。

 9/7の週のいずれかの日に交渉するようにと要求しました。

 日野自動車の誠実な回答を待ちたいと思います。


 以下、共同通信配信のニュースです。

■「日野が期間従業員9百人採用 10月中旬までに3工場で」
(共同通信09/09/03)
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090301000390.html

 日野自動車は3日、国内3工場で、期間従業員を10月中旬までに計約900人採用する方針を明らかにした。昨年秋からの減産で在庫調整が進んだため。

 トヨタ自動車から委託を受けてスポーツタイプ多目的車(SUV)「ランドクルーザープラド」などを生産している羽村工場(東京都羽村市)で約600人を採用。トラック用エンジンをつくる新田工場(群馬県太田市)で約250人、大・中型トラックを生産する日野工場(東京都日野市)で約50人を新規採用する。

 日野自動車は昨年秋以降、3工場で計約2700人の期間従業員を削減。今年7月末で期間従業員はゼロになっていた。


-------------------------------------
ご相談はお気軽にどうぞ。相談無料・秘密厳守。
メール相談は info@gatenkeirentai.net
電話相談は 03(3861)6210
月曜~金曜の毎日
午前11:00から夕方18:00受付

2009年09月05日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:0

9/19:「派遣切り」「期間工切り」にカウンターパンチ!


 昨年末から全国各地の自動車工場でたくさんの期間工が雇い止め解雇されましたが、トヨタ、日産、ホンダ、日野自動車、三菱ふそうなどで不当解雇取消しを求めるたたかいが続いています。

 今年6月には、これら争議団、ユニオンが共同で申し入れ行動にとりくみました。その行動の成功を土台に、来る9月19日に集会を開くことになりました。

 各争議団・ユニオンが情報交換と交流を強め、自動車メーカーの雇用責任追及のたたかいを力を合わせてすすめることを社会的にアピールすることが目的です。

 なお、集会に先立って、これまで製造業派遣の現状は派遣切りの実態を描いた、NHKなどのドキュメンタリー番組を、内部学習のために3本続けて上映します。作品の名前は聞いたことがあるが見るチャンスがなかったという方も多いと思います。希望されるはこの機会に一緒にご覧下さい。

 なお、開催要綱は以下の通りです。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「派遣切り」「期間工切り」にカウンターパンチ!
 ~自動車会社の非正規労働者は大集合
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


日時 9月19日(土)10:00~16:00 
    第1部 ドキュメンタリー上映(10:05~12:25)
         (1)『フリーター漂流』(05年/NHKスペシャル)
         (2)『追跡・秋葉原殺傷事件』(08年/NHKスペシャル)
         (3)『「派遣切り」がはじまった』(08年/NHK名古屋)
    第2部 たたかいの報告(13:30~16:00)
         ・三木陵一さん(JMIU書記長)
         ・記録ビデオ「自動車会社の社長さんに会いたいツアー」
         ・笹山尚人弁護士「派遣切り・期間工切り裁判の意義と派遣法抜本改正」
         ・当事者からのアピール
         ・小谷野毅さん(全日建書記長)
         ・アピール文採択

会場 田町交通ビル大ホール
    港区芝浦3-2-22 JR田町駅芝浦口から徒歩3分

2009年09月04日 ご案内 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。