スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

愛知で派遣切り抗議大集会

年末年始の「派遣村」の報道も一区切りといった感じですが、厳しい状況は各地で続いており、これから3月にかけて年末以上の「非正社員切り」がなされるといいます。

特にトヨタ関連の工場が集積している愛知県では、他の地域よりも失職者の数も多く、状況は深刻です。

その愛知県で以下の集会が開かれます。
みなさん、ご参加ください。

*************************

集会名 愛知派遣切り抗議大集会
日 時 2009年2月22日 午後1時から午後4時まで
場 所 東海テレビ・テレピアホール(名古屋市東区東桜1-14-27)
会場収用人数 504名まで 
電話:052-954-1165
入場無料 

 主 催 愛知派遣切り抗議大集会    
実行委員長:弁護士・宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表)

終了後、名古屋駅前までデモ(2・8キロ)を行います。

*************************

 内容(案)

 2009年3月に大量に解雇される派遣労働者、期間工は40万人と予想されているが、中でもトヨタ、マツダ、日産、キャノンなどの大企業およびその下請企業で多く発生することが判明している。

 労働者派遣法はいかにあるべきか。派遣会社の責任、さらには派遣従業員を使用する大企業には責任はないのか?製造業派遣法禁止など、今後の派遣法のあるべき姿は?

 また、労働者の生活、雇用をどのように守っていくのか、派遣切りされた労働者に対する、セーフティネットはどうなっているのか。
 雇用相談、生活保護、住居相談、多重債務相談のワンストップサービスは?

 一、集会内容

1、派遣切り、雇用止め当事者の報告
2、派遣法についての緊急特別立法対策について
3、緊急融資制度の紹介、議員からの報告、意見表明等
4、日弁連、年越派遣村実行委員会等からの報告
5、全国の派遣村の状況、ワンストップ相談会について

 二、集会後、東海テレビから名駅ミッドランドまでデモ(2.8キロ)

 などなど、中身の濃い内容を予定しています。なお、内容については、一部変更する場合もありますので、あらかじめご了承ください。

*************************** (現地実行委員会連絡先)

 〒462-0810
 愛知県名古屋市北区山田1-1-40
 すずやマンション大曽根2階 水谷司法書士事務所

 司法書士 水谷英二

 電 話  052-916-5080
 FAX  052-911-3129
 メールアドレス gfh03002@nifty.com

***************************
スポンサーサイト

2009年01月30日 減産と契約打ち切り トラックバック:2 コメント:0

日野自動車に申し入れを行いました。

 日野自動車は、私たちに押され寮への1ヶ月滞在を認めるなどしていますが、団体交渉に対しては未だに不誠実な態度をとり続けています。
 そこで改めてこの間の要求などをまとめて申し入れました。
 白井社長は「従業員は宝だ」というのなら、誠実な態度を持って私たちの話を聞き入れてもらいたいものです。

                          2009年1月30日
日野自動車株式会社
代表取締役 白 井 芳 夫 様

                          全日本建設運輸連帯労働組合
                          関 東 支 部
                          執行委員長 中 塚 大 介

                          日野自動車ユニオン
                          委員長   佐 藤 弘 之

要  求  書
 
 前略 明日の団体交渉にあたり、前回までのやりとりを総括し、当方の要求事項を下記の通りまとめましたので、誠実なる回答を用意して下さい。
 なお、各回答については、公共の電波で「従業員は宝」などと発言している白井社長が出席して、自ら直接に回答して下さい。



1.本日限り雇い止め解雇だと予告されている700人の期間工については、以下の要求に関する 団体交渉が決着するまでの間、いったん白紙撤回して下さい。

2.日野自動車が雇い止め解雇した期間工は、昨年8月から今月末までで、1,650人ものぼり、 残る850人についても早晩雇い止め解雇する方針だと聞いています。その内訳は会社が当方に説明したところでは次の通りでした。

《解雇者数》
08年8~9月:300人(羽村300人、日野・新田0人)
 10~11月:200人(羽村300人、日野・新田0人)
   12月:450人(日野250人、羽村100人、新田100人)
09年1月:700人(日野350人、羽村150人、新田200人)
◎合 計:1,650人
 
ところで、これだけ大量の雇い止め解雇を続けていながら、貴社は、他方で、11月半ば頃まで各地方の求人紙誌に期間工募集の求人広告を出し、実際に採用しています。

(1)昨年夏以降、新規に採用した期間工の数、採用時期を明らかにして下さい。

(2)解雇される期間工がいるのに、それら期間工を配転するなどせず、新たに期間工を募集、採用した理由を明らかにして下さい。

3.貴職は今月25日のテレビ放送(BSジャパン)に出演しました。そして、トラック需要は「必ず復活します」と強調。「だから、皆には将来に対する不安は持たなくても良いと言いたい。暗い中でも元気にやってもらいたい。僕も元気でいるから」と語り、最後に「意外と現場は元気なものですよ。従業員は宝です」と付け加えました。当方が山本人事部長に団交で尋ねたところ、ここで白井社長が言う「従業員」には期間工も含まれているとのことでした。

(1)これ以上、新たな解雇をしないで下さい。また、これまでは「宝」である期間工の雇用維持のために、どんな手だてを尽くしたのかを明確にして下さい。

 ちなみに、1月23日の団交で北島室長は、①稼働日を少なくする、②社員を他工場に応援に出す(羽村から日野、新田に100人ずつ)、③新規採用の中止、④間接部門の経費削減、⑤基幹職(いわゆる管理職)の賞与カット(0.2カ月)、⑥役員賞与のカット(全額)を「解雇回避措置」として説明し、「もしこれをやっていなければ、期間満了でなく、さらに厳しい状況(契約期間中の解雇)になっていたはずだ」としました。しかし、これは期間工の解雇回避措置とはいえず、むしろ、羽村工場の正社員を日野、新田工場に応援に出したために、玉突き式に両工場の期間工が解雇されることになったといわざるをえません。

(2)「宝」だというなら、期間工を休業させて雇用を維持することも十分可能です。
労基法上の休業手当を半年間支給したり、雇用調整助成金を活用して休業期間中に職業訓練を行うことも可能なはずなのに、なぜそうした措置をとらないのかも具体的に説明して下さい。

(3)貴職はまた、同インタビューで解雇される期間工のフォロー策を訊かれたところ、「職場職場で送別会をやっている」「また復活したら戻って来いよと声かけを行っています」と答えています。私たちは、そのような例をほとんど聞いていません。どの職場、何カ所くらいの職場でそのような事例があるのか明らかにして下さい。

4.雇い止め解雇が避けがたいものだとしても、「従業員が宝」というなら、2年11カ月満了日までの休業補償を行って下さい。
 少なくとも、何の補償もなしに路頭に放り出すようなやり方を止め、次の仕事が見つかるまでの間の生活・再就職支援金を支給して下さい。ちなみに、雇用保険の失業給付を受けるにしても、昨年秋以降は定時作業や操業停止日が多数あったため、期間工の平均賃金は大幅にダウンしており、その6割給付では到底生活できません。

5.私たちが昨年12月に団体交渉で労基法違反を追及し、労基署が是正指導するまでの間、会社は、①有給休暇を取ると慰労金の支給額が減額される制度の下で、有給休暇の自由な取得を妨げると同時に、取得した者に対する不利益扱いを続けてきたし、同時に、②職場では、業務多忙を理由に有給休暇を取らせない状態を続けてきました。そのため、大多数の期間工が有給休暇を多く残しながら解雇されています。違法な賃金制度と職場リーダーのために生じた不利益を回復する義務が貴社にはあります。そこで、

(1)雇い止め解雇の時点で残った有給休暇を買い上げて下さい。

(2)有給休暇取得で減額された慰労金を、過去の勤続期間中の分を全額返して下さい。
  なお、会社は返還対象者を08年12月18日在籍者に限定していますが、これは、それ以前に雇い止め解雇されたり離職した期間工らの当然の権利を蹂躙する措置であり、速やかに改めて下さい。

(3)貴社の都合で雇い止めされるのですから、慰労金は1年満了の日額で支給して下さい。

以 上

2009年01月30日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:1

日野自:白井社長「将来の不安、持たなくていいよ」

日野自動車で働く期間工のみなさん、社員のみなさん、

「従業員は宝」・・・だそうです
 みなさん、ご存知でしたか?
 日野自動車の期間工の大量解雇が社会問題になる中、1月25日(日)夜、白井社長が、BSジャパンのテレビ番組『小谷真生子のKANDAN』に出演しました。白井社長は30分にわたるインタビューで、解雇した期間工へのフォローアップを訊ねられると、白井社長は、「職場職場で送別会をやっております」「また復活したら戻って来いよと声かけを行っています」などと答えました。

 また、今後については、トラック需要は「必ず復活します」と強調。「だから、皆には将来に対する不安を持たなくて良いと言いたい。暗い中でも元気にやってもらいたい。僕も元気でいるから」と語りました。そして、こう付け加えました。

「意外と現場は元気なものですよ。従業員は宝ですね

●それなら、解雇された1,650人の期間工の不安、
 まだ残っている850人の不安、
 これにどう応えるんですか?

 いや、そう言われてもこまりますよねぇ~。 白井社長は元気かもしれませんが、解雇された期間工、そして、これから解雇される期間工の生活の不安はどう解消するのでしょうか。この半年間で雇い止め解雇された期間工は、会社が団交で私たちに渋々ながら説明したところでは、すでに1,650人! しかも、残る850人の期間工も、近いうちにほぼ全員が解雇される見込み。「元気」を裏付ける補償な何もせず、ただクビ切っておきながら、それ、元気だせ、などと無責任なことを言われても納得する人はいません。

《解雇者数》
08年8~9月:300人(羽村300人、日野・新田0人)
 10~11月:200人(羽村300人、日野・新田0人)
   12月:450人(日野250人、羽村100人、新田100人)
09年1月:700人(日野350人、羽村150人、新田200人)
☆合 計 1650人


●緊急ホットラインとアンケートに多数の不安の声
 白井社長は、期間工の声を真剣に聞くべきです
 先週、私たちが緊急アンケートとホットラインを行ったところ、多数の期間工の方が将来の不安を語ってくれました。
 「いつ切られるか不安」「有給休暇が使えないまま終わってしまう」「急に解雇されても次の仕事や住まいがすぐ見つからない」といった声が多数寄せられました。従業員が宝というなら、白井社長はこの現場の声に応え、ただちに手を打つべきです。

●期間工はみんな、同じ気持ちだ
 私たちは、先週3日間、緊急アンケートとホットラインを行いました。回答・相談してくれた期間工は合計30人。(日野21人、羽村10人)

 主な回答は次の通りです。

【不安に感じていること】
・有給休暇が使えないまま終わってしまう
・延長がないと言われた
・週3日、昼勤のみで収入が減っている
・人員が減り、1人当たりの仕事が増えている。正社員は切羽詰まって怒鳴る
・急に解雇されないか。次の仕事や住まいがすぐ見つかるかどうか
・いつ切られるか分からない
・昇給がない、正社員になれない

【要求したいこと】
・会社都合で延長できなくなってしまったのだから、慰労金は半年でも1年働いたのと同じ 日額にしてもらいたい(同じ意見が4人)
・有給休暇が取れない。取らせてくれなかった。残った有給休暇を買い上げてほしい(同5 人)
・残業、休出が少ないので、その分の補償を
・期間延長、休業補償、寮の滞在
・2年11カ月までの補償をしてほしい
・働く場所を確保してほしい

《日野自動車ユニオンの要求》
 1.安易な雇い止め解雇の中止
 2.やむなく雇い止め解雇する場合は、2年11カ月満了日までの休業補償
 3.次の仕事と住まいが見つかるまで、寮の使用を認めること
 4.有給休暇の買い上げ
 5.慰労金は、1年満了の日額で計算すること
 6.工場操業停止日の日額補償
 7.有給休暇取得で減額された慰労金は12月18日時点の在籍者に限定せず、それ以前に解雇されたり離職した期間工も対象として、過去分を全額、全員に支払うこと
 8.羽村、新田でも支払うこと

2009年01月29日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:2

三月末までに40万人が失業

各紙が報じているとおり、製造派遣・請負会社の業界団体である日本生産技能労務協会と日本製造アウトソーシング協会が、製造工場で3月までに40万人の派遣・請負社員が失業する試算を発表しました。不況前に働いていた100万人の製造派遣・請負社員のおよそ4割が失業するといいます。

厚生労働省が12月に発表した推計は派遣社員、請負社員に加えて契約社員の失業者数を調査したもので、その数は昨年10月から3月までに8万5千人。

今回の推計で実状はこれを遙かに上回るものであることが明らかとなりました。

今回の業界団体調査も同様に期間従業員の失業者を含めるとすれば、一体何十万人の非正社員が職を失うこととなるのでしょう。何万人が住居を失うこととなるのでしょう。

正確な実態調査と緊急対策を求めてガテン系連帯も行動していきたいと思います。

2009年01月28日 減産と契約打ち切り トラックバック:0 コメント:1

本日、期間工「緊急ホットライン」やります。

本日(1月24日)12:00~20:00、期間工「緊急ホットライン」やります!
電話番号  03(5820)0868

◎解雇されたら住む場所がない、田舎に帰れない、その他なんでも相談に乗ります。

相談無料、秘密厳守です。
お気軽にご連絡下さい。

期間工以外の方も歓迎です。

2009年01月24日 ご案内 トラックバック:0 コメント:0

キヤノン「考えを変えた」

20090121212851
今朝の朝日新聞に、キヤノンの諸江専務のインタビューが掲載されています。

「大分キヤノンで、工場で働く請負会社社員の削減が批判を招いた反省もあり、雇用問題に力を入れる方針に「考えを変えた」」、「これまでの経験で、請負会社が別の企業の仕事を見つけるなどして雇用を吸収してくれると思ったが、実際は受け皿がなかった。請負会社には発注数量を伝えるだけで内情を把握しておらず、対応が甘かった」、「キヤノンでは、生産の減少に伴って、今後、契約した請負企業で働く請負社員が働けなくなる際に、「当面、生活を維持できる支援を考えたい」」と諸江専務は語っています。

ガテン系連帯が大分キヤノンで組合を立ち上げてからもう直ぐ2カ月が経とうとしていますが、派遣村の社会問題かなどともあいまって、ようやく現場の私たちの声がキヤノンを動かし始めました。方針を転換したことは喜ばしいことです。

キヤノンが早い時期に私たちとの話し合いを実現することを強く期待したいと思います。

そして、様々な職場で大変な想いをしているみなさん、皆で力を合わせればたくさんのことができます。仲間もたくさんいます。迷わず一度ガテン系連帯にご相談ください。

メール
info@gatenkeirentai.net

電話
03-3861-6210
月~金 11時~18時

相談無料・秘密厳守

2009年01月21日 大分キヤノン トラックバック:0 コメント:1

日野自:期間工700人雇い止め解雇

本日各紙が伝えているとおり、日野自動車は1月中に期間工700人を雇い止め解雇にし、850人とすると発表しました。

それと並行して茨城県古河市に新工場建設のための用地を取得したといいます。2015年度の販売台数を2008年度の約2倍の20万台にすることを目指すといいます。

「トラック需要は将来戻ってくるはずだ」(白井社長、1/17朝日新聞より)そうです。

日野自動車は乱暴なやり方で派遣や期間工の生首を切り落としておきながら、またそのときになったら戻ってきてね、というのでしょうか?

2009年01月17日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:0

日野自:年明け早々首切り

なぜ、「退職届」???
会社都合の「首切り」なのに・・・


 日野自動車で働く期間工のみなさん、正社員のみなさん、
 先週の年明け早々のビラまきにも、たくさんの方々から激励をいただきました。心から感謝申し上げます。

●年明け早々、またまた解雇
 さて、昨年末に280人(会社発表)もの期間工を解雇したばかりなのに、日野自動車は今年も1月末からさらに期間工を解雇すると言っています。
 こうした会社の乱暴な使い捨てに抗議して、日野自動車ユニオンには新たな仲間が次々参加してきました。これを受けて私たちは本日(1/15)、年明け最初の団交申し入れを出します。

●15年も期間工で働いてきたAさんも・・・
 新たに仲間に加わった期間工の1人に、20年前の1988年から日野自動車で働いてきたAさんがいます。10年前のトラック不況の時にクビを切られて5年間は別の仕事をしましたが、その後2003年にふたたび日野に。実にのべ15年にわたって、本社工場の同じラインで働いてきました。Aさんのキャリアと貢献度は現場の誰もが認めるところです。
 昨年末、そのAさんにも、1月末の雇い止め解雇が通知されました。そして、今月に入って、Aさんは、会社がつくった「退職届」にサインを求められました。そこには、Aさんが会社に対し、次のように申し出たかのような言葉が書かれていました。
 「この度、1月31日付をもって退職したくここにお届け致します」。

●期間工は人間じゃないんですか?
 「退職したく」・・・えっ? いったい、日野自動車はどんな神経をしてるんでしょう。
 だれが見ても「会社都合の解雇」なのに、なんで解雇される本人が自分からすすんで退職したいかのように書いて、サインさせるのでしょうか。期間工を何だと思っているのでしょうか。人をバカにするのもいい加減にしてもらいたい。
 「今後日野自動車で働く仲間のためにも、うやむやにせず闘いたい」--そう考えて、Aさんはユニオンに加わる決心をしました。

●解雇をいったん白紙撤回して、話し合ってください
 これまでお知らせした通り、日野自動車は11月まで増産の計画を立て、11月半ばまで期間工を新規募集していきました。ところが、11月下旬になると、一転して、「減産だ」「派遣切りだ」「期間工切りだ」と言い出しました。

●経営見通しの失敗について釈明もないのは、なぜ?
 御承知の通り、アメリカをはじめ世界経済が「100年に1度の危機」におちいったのは昨年9月のリーマン・ショックが発端。それから2カ月も増産計画を続けていたなんて、信じがたい経営陣の失敗というほかありません。
 それなのに、その経営見通しの誤りや失敗の責任についてはなにひとつ説明も謝罪もしていません。何百人もの期間工をクビにして、失敗のツケを背負わせておきながら、経営陣はだれも責任をとっていません。それどころか、「これは解雇じゃない。たんなる期間満了だ」などと言葉をもてあそんで、挙げ句のはてには、「退職届」を書かせる始末。
 日野自動車ユニオンは、①いったん解雇を白紙撤回したうえで、②解雇を避けるために会社はどのような手を打ったかを説明し、どのような手だてが可能かをユニオンと話し合うこと、③やむをえず解雇する場合でも、雇用保障措置をとること--を要求して、全力で交渉していきます。

●4カ月だと日額900円だが、1年なら1,700円――「慰労金」の支給要件も見直すべきです
 ご承知の通り、期間満了時に支払われる慰労金は実働日数×日額で計算されます。そして、その「日額」は実働日が増えるにしたがって増額されます。
 ですから、かりに就労開始から4カ月で解雇されると、「日額」は4カ月間実働した場合の日額となってしまいます。つまり、下の表の通り、1年間働いたら日額は1,700円なのに、4カ月だと日額は半分の900円になってしまいます。
 しかし、今回の雇い止め解雇は日野自動車の経営の誤りが最大の原因。一生懸命働いた期間工には何ひとつ責任がありません。加えて期間工の契約は細切れ雇用ですが、「募集要項」には契約の更新あり、最大2年11ヶ月働けるとあります。
 それならば、会社の都合で期間工を工場から放り出す責任をとる意味でも、慰労金を一年分満額支払うべきだと私たちは考えます。

●みなさん、日野自動車ユニオンに結集してください。
 日野自動車はまだまだ自分たちのやり方が世間でも通用すると思い込んでいます。
 日野自動車ユニオンは、みんなで力を合わせ、この身勝手な経営姿勢を必ずや変えさせ、着実に成果をあげていくつもりです。
 そのためにも、みなさんの力が必要です。もちろん正社員でもOKです。もはや迷っている間はありません。まずは一度ユニオンまでご連絡ください。よろしくお願いします。

メール相談は info@gatenkeirentai.net
電話相談は 03(3861)6210
月曜~金曜の毎日
午前11:00から夕方18:00受付

2009年01月15日 日野自動車 トラックバック:0 コメント:3

1.15派遣法改正集会

1月15日は派遣法の抜本改正を目指す集会です。参加をよろしくお願いします。

やっぱり必要!派遣法抜本改正1.15集会-派遣村からの大逆襲-

於・日本教育会館

 1999年に大改悪された労働者派遣法は、日雇い派遣という究極の不安定雇用を産み出すと同時に、働く人々を、あたかも取替え可能な部品であるかのようなモラル・ハザードが許されるという風潮を社会に蔓延させました。

 昨年の大晦日に開村された「派遣村」は、この間、製造業を中心とする企業で横行した派遣切り、期間工切り等で職と住を奪われた仲間が多数結集し、約1700人のボランティアと相協力して、年末年始を乗り切り、ともに生き、職と住の回復を誓い合いました。

 しかしながら、問題は依然として解決しているわけではありません。

 私たちは、ワーキングプア-と格差を拡大した元凶が現行派遣法であることを一昨年来指摘し、活動をしてまいりました。派遣村の成果を踏まえつつ、働く人々の力によって、今こそ働く人々が望む派遣法の抜本改正を実現しようではありませんか。その実現の一歩として、下記の要領で集会を行いたいと思います。多くの方々の、ご賛同、ご参加をお願いいたします。



日時 2009年1月15日(木)18:30~(開場18:00)

場所 日本教育会館第一会議室(地下鉄神保町駅 竹橋駅下車)

集会内容

○主催者挨拶―鴨桃代(全国ユニオン)

○経過報告 ―安部誠(派遣法抜本改正をめざす共同行動)

○各界と村民からのあいさつ

・ 政党(全政党に呼びかけております)

・ 労働団体

・ 弁護団

・ 「派遣村」村民

○シンポジウム

・ 労働組合活動から見えてきた派遣切りの実態

・ 求められる救済活動、労働組合の役割、存在意義について

・ 労働者派遣法の抜本改正とその必要性について

コーディネーター 棗 一郎(日本労働弁護団)

シンポジスト   湯浅 誠(NPO法人 もやい事務局長/派遣村村長)

         三木陵一(JMIU書記長)

         小谷野毅(全日本建設運輸連帯労組書記長)

○問題提起 法改正に向けての骨組と方向性 関根秀一郎(派遣ユニオン書記長)

○閉会の辞 遠藤一郎(全国一般全国協議会)

主 催 派遣法の抜本改正をめざす共同行動 

「派遣村」実行委員会

連絡先 全 日 建 (小谷野) 電話03-5820-0868

    全国ユニオン(安 部) 電話03-5371-5202

2009年01月13日 派遣法改正 トラックバック:0 コメント:0

経団連への公開質問状が返送されてきました

6日、受け取りを拒否された経団連への公開質問状を、私たちは賀詞交歓会の会場となった都内ホテルに預けましたが、昨日午後ホテルから「公開質問状」が送り返えされて来ました。

以下のような「ご案内」が同封されていました。

「本日お預かりいたしました質問状の県、経団連の方に取り次がせていただきましたが、お受け取りを拒否されましたため、取り急ぎご返送させていただきたく存じます。/お役に立つことができず、誠に申し訳ございませんでした。何卒ご了解の程お願い申し上げます。」

ホテルの方、お手数おかけしました。丁寧な対応をありがとうございました。

経団連は紙切れ一枚受け取れないのでしょうか?
そこまでして私たちの申し入れを拒否するのはなぜなのですか?

私たちは今後とも行動を重ねていく決心です。
みなさまのご支援よろしくお願いします。

2009年01月08日 減産と契約打ち切り トラックバック:1 コメント:0

御手洗会長に申し入れを行いました

20090107092408.jpg
「拝啓 何もしないんですか?」

20090107092406.jpg

「派遣社員はモノじゃない」


 派遣村に参加した派遣労働者や昨年12月24日に共同アピールを発した労働組合・ユニオンが中心になって、日本経団連の御手洗会長に対し、直接に公開質問状を手渡して申し入れを行いました。
1,000名以上の経営者が賀詞交歓会に参加すべく集まっていたと報じられています。彼らが斬り捨てた非正社員はいったい何万人になるのでしょう。豪華なホテルでの乾杯はどんな気持ちだったでしょう。

 私たちは会場に「日本経団体 会長 御手洗冨士夫様/公開質問状/拝啓 何もしないんですか?」の質問状と下記の申し入れ書を持っていきましたが、「アポがないので受け取れない」の一点張りで受け取りを拒否されてしまいました。12月4日にアポありでガテン系連帯は申入書を提出して未だに回答を得ていないのですが、一体どうしたらよいのでしょう。

 御手洗会長が早く私たちの話を聴いてくださることを期待します。

2009年1月6日

社団法人日本経済団体連合会
会 長 御手洗 冨士夫 様

       JMIUいすゞ自動車支部
       執行委員長 松 本 浩 利

       日産ディーゼルユニオン
       委 員 長 荒 井 健太郎

       首都圏青年ユニオン
       執行委員長 武 田  敦

       全造船機械関東地協いすゞ自動車分会
       執行委員長 風呂橋  修

       全トヨタ労働組合
       執行委員長 若 月 忠 夫

       日野自動車ユニオン
       執行委員長 佐 藤 弘 之

       JMIU静岡西部地域支部
       執行委員長 フランシスコ・フレイタス

       日研総業ユニオン大分キヤノン分会
       分 会 長 加 藤 州 平

日本経団連・御手洗会長への公開質問状


 新年明けましておめでとうございます
 「派遣切り」「期間工切り」「請負切り」とよばれる大量解雇の嵐が日本列島を吹き荒れています。私たちは、この不当な解雇に立ち向かって結成されたユニオンの代表です。
 年の瀬に仕事と住まいを奪われ、日比谷公園の「派遣村」に身を寄せる労働者は500人にも及びました。「派遣切り」が重大な社会問題になっているのは十分ご承知のことだと思います。本日の新年賀詞交歓会にあたり、私たちは下記の通り公開質問状を提出しますので、この現実と働く者の声を真摯に受け止め、回答して下さるようお願い致します。
 なお、回答は、本日から3日程度を目安に、私たちに直接行っていただくのが望ましいのですが、主要メディアに対する会見のかたちで行っていただいてもかまいません。



1.「派遣切り」「期間工切り」「請負切り」を率先して行ったのは、御手洗会長ご自身のキヤノンやトヨタをはじめとする日本経団連の会員企業です。
 この乱暴な大量解雇の結果、すでに厚生労働省の調査によるだけでも8万人を超す非正規社員が、仕事ばかりか住まいまで奪い取られ、文字通り人間としての生存の危機に直面 させられているのは、いまや明白な事実です。
 しかし、これほど重大な社会不安を生み出しておきながら、御手洗会長をはじめ日本を代表する企業経営者たちの口からは、率直な反省の弁すら、ただのひと言も聞かれません。
 耐え難い苦痛を強いた非正規社員たちに対して、また、これら非正規社員のサポートに 正月返上で奔走してきた国や自治体、NPO、ボランティア、無数の市民たちに対して、誠実に謝罪する考えはありませんか?
 また、年度末にかけてさらなる「派遣切り」が起きるとも言われています。これ以上の事態の悪化をくい止めるべく、こうした安易な解雇を即座に中止し、雇用の維持に務めること、また、寮などからの追い出しを即座に中止することを、日本経団連はじめ主要経済団体で速やかに決議する考えはありませんか?

2.何の保障もなしに放り出された非正規社員を救おうと、各地の労働組合・団体や、国・自治体が、住まいの確保、生活支援、再就職支援などに懸命の努力を重ねています。大分県では、匿名の一市民が市役所に100万円もの寄付金を届け、高校生らが街頭募金活動に立ちました。
 しかし、「派遣切り」「期間工切り」「請負切り」を行った企業だけが、解雇は派遣会社が決めたことだなどと責任を転嫁して自らは何もしていません。おかしな話です。
 日本経団連の会員企業が、ほぼ揃って史上最高益を過去5年間連続更新し、内部留保を倍増できたのは、製造現場を支えた非正規社員の貢献があったからです。この際、解雇された非正規社員の住まい、生活、再就職支援のために、会員企業が思い切った資金の拠出を決断し、社会的責任を果たす考えはありませんか?
 なお、御手洗会長ご自身は、朝日新聞の新年インタビューで、「企業が基金をつくり、失職に伴う住宅確保や新しい仕事に就職するための職業訓練を支援する仕組みをつくるべき。政府や自治体と協力してもいい」と言明されました。これが口先だけのきれいごとでないというなら、各政党や私たち労働組合・団体と速やかに話し合う考えはありますか?
 なお、「派遣切り」で生じた解雇問題について、団体交渉すら拒否している日本経団連の会員企業もあります。労働法令を遵守し、労働組合と真摯に話し合うのも大企業の社会的責任ではありませんか?

3.「派遣切り」などの残酷な現実を前にして、日本経団連が提唱してきた労働者派遣制度の有期雇用契約労働の自由化の誤りが、いまやだれの目にも明らかになりました。雇用創出や就業機会の多様化を謳い文句にした労働者派遣法や労働基準法の改正は、大量のワーキングプアを生み出しただけではなく、結局のところ、大企業がなにひとつ責任をとらず、労働者をいとも簡単に大量首切り(解雇)する暴挙を、法律の名で正当化するのに役立っただけでした。これら法制度の抜本改正に道筋をつけるべきです。
 国会にはいま、政府の見せかけの労働者派遣法改正案が提出されていますが、「派遣切り」という残酷な現実をふまえて、私たちと意見交換しつつ、派遣法抜本改正の議論をはじめからやり直す考えはありませんか?

20090107092403.jpg
経団連の回答を待つ参加者

2009年01月07日 減産と契約打ち切り トラックバック:0 コメント:3

5日午前は派遣村へ

派遣村にはまだまだ人が集まりつつあります。おそらく500名になるのではないかと思います。
各地の心あるみなさんから大変な支援も集まっています。それがどれだけ皆を励まし、状況を動かしているかわかりません。本当にありがとうございます。

しかし5日には撤収作業が予定されており、さらなる人手が必要です。
お時間のある方はどうか日比谷公園へ集結してください。
派遣村は日比谷野外音楽堂前にあります。どうぞよろしくお願いします。

2009年01月04日 減産と契約打ち切り トラックバック:0 コメント:1

派遣村にご協力を

東京日比谷公園で大晦日から始まった「年越し派遣村」は、入村登録者が今日夕方までに300人を超え、さらに増える見込みです。

実行委員会が用意したテントが足りなくなったので、午後から厚生労働省に要請を重ねた結果、近くにある同省の講堂の使用が認められました。

これまでの入村者は全員が今夜中に移動する。ただし、講堂は300人が寝泊まりできるが、炊事はできないので、炊き出しはこれまで通り日比谷公園で行うことになります。新たな入村者の受け入れも引続き日比谷公園です。

ボランティアは朝が手薄となっています。みなさんのご協力をよろしくお願いします。

2009年01月02日 減産と契約打ち切り トラックバック:0 コメント:1

キヤノンの誠実な対応を期待する

本日の朝日新聞にキヤノンの御手洗会長のインタビューが掲載されています。この中で御手洗会長は、失業者の住宅確保や就職支援のため企業が出資しあって基金を創設する考えを明らかにしました。

これは社民党とガテン系連帯の働きかけを受けたもので、私たちはこれを評価したいと思います。

今後、キヤノンが私たちとの話し合いに誠実に応じ、この基金の具体化を進めることを求めます。

2009年01月01日 大分キヤノン トラックバック:4 コメント:1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。