スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

週刊金曜日2008.6.25号

0080627kinyou.jpg


 本日発売の週刊金曜日2008.6.25号で、秋葉原事件に関連したガテン系連帯の取組が紹介されています。
 是非お読み下さい!


<関連目次>
■「金曜アンテナ」p7.
 秋葉原事件と派遣の問題を考える「ガテン系連帯」懇談会(永尾俊彦)

■「秋葉原無差別殺人事件 」p21~
 「派遣」は犯罪予備軍ではない(藤田和恵)
 派遣先自動車工場での容疑者の日常(横田一)
 ガテン系連帯事務局長に聞く・トヨタ式「人を使い捨てる派遣労働」
スポンサーサイト

2008年06月27日 秋葉原事件と派遣労働 トラックバック:0 コメント:1

問題はグッドウィルだけではない。

グッドウィルの派遣事業許可取り消し方針を厚生労働省が決めました。グッドウィルは日雇派遣から撤退となります。

しかし派遣会社の取り締まりが強まる中で、その使い手たる派遣先企業は責任を問われぬまま何食わぬ顔を続けています。また、ひとつの派遣会社を吊し上げることだけでは問題は解決されません。

舛添厚労相は、八月末からの臨時国会で日雇派遣を規制すべく派遣法を変えなくてはならないだろうと発言していますが、日雇派遣を規制するだけでは労働者派遣の持つ様々な問題が未解決のまま放置されてしまいます。

この流れを派遣の一部に触れるだけの単なるガス抜きに終わらせることはできません。

来月25日、ガテン系連帯は他ユニオンと共に派遣法改正のための集会を開催します。野党トップクラスを招く予定です。

ガテン系連帯の仲間の強いおもいを世の中に発信していきたいと思います。

2008年06月25日 派遣法改正 トラックバック:0 コメント:5

関東自動車申し入れの様子。

ユニオンチューブに関東自動車申し入れ時の動画を載せていただきました。
ありがとうございました。
どうぞご覧ください。

――――――――――――――――――――――
●ガテン系連帯、秋葉原事件で関東自動車工業へ申し入れ 4分44秒 撮影=ガテン系連帯

ガテン系連帯と日研総業ユニオンは、6月20日、秋葉原事件で関東自動車工業へ申入れを行なった。事件の背景となった「派遣契約の中途解約」(解雇)の
経緯について説明を求めた。
↓ユニオンチューブ
http://video.labornetjp.org/Members/akira/videos/mousiire.wmv/view
↓YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=Meo99aF_M2w

2008年06月23日 秋葉原事件と派遣労働 トラックバック:0 コメント:0

6/18秋葉原事件/派遣労働懇談会の動画

こちらでご覧になれます。

http://jp.youtube.com/watch?v=FFCeapLpPnc

2008年06月20日 秋葉原事件と派遣労働 トラックバック:0 コメント:1

関東自動車へ申し入れに行きました。

kanto.jpg


 ガテン系連帯と日研総業ユニオンは、本日、関東自動車・東富士総合センター(静岡県裾野市)を訪れ、申し入れを行いました(申入事項については、申入書をお読み下さい)。

 関東自動車、本社・情報センターの総務・渉外部 庶務・広報室の徳原秀紀主任担当員、宮下繁主任担当員が私たちを応接議室へ案内し、対応してくださいました。一言目から「申入書は受け取ることが出来ない、決まりでどこからも受け取ってはいけないことになっている」と、受取を拒否しました。申入書には手すら触れようとしませんでしたが、テーブルの上に置いた申入書の文面は目で読んでいました。

 私たちは今回の申し入れの趣旨を口頭で説明し、「私たちと共にいる派遣社員も皆が注目している。ぜひとも関東自動車が説明をする機会をつくってほしい」と依頼しました。

 それでも関東自動車の徳原主任担当官は「この申入書は、ここに置いて行かれるということで良いですね」などど、くり返しました。
 私たちは「そんなつまらないことは言うのはやめて頂きたい、とにかく私たちは期待して待っている」と詳しい説明をした上で会議室を出ました。

 関東自動車がこのような対応をとったことはとても残念なことです。
 関東自動車は、これまで自分たちは何一つ間違ったことをしていない、との態度を続けてきています。しかし200人もの派遣社員を一括解約してしまうのは、極めて乱暴なこととはいえないでしょうか。
 
 自分たちは無関係だと開き直るのではなく、関東自動車は、今回の整理解雇の経緯についてしっかり説明し、間違っていた点については率直に認め、今後にいかしていくことこそ必要なのではないでしょうか。

以下、申入書です。
 
2008年6月20日

関東自動車工業株式会社
代表取締役 服 部 哲 夫 様

ガテン系連帯
共同代表  木 下 武 男
  同    池 田 一 慶

労働組合日研総業ユニオン
執行委員長 和 田 義 光

申  入  書


 拝啓 貴社のご清栄の段お慶び申し上げます。
 私たちは、派遣労働者の支援活動にとりくむNPO、及び派遣会社日研総業の派遣社員でつくる労働組合です。
 今月8日おきた秋葉原通り魔事件に関して貴社の見解をお伺いしたく以下の通り申し入れます。

1.事件を起こした加藤智大容疑者は、昨年11月から日研総業から貴社東富士工場に派遣され、塗装工程で働いていたと聞いています。加藤容疑者の派遣契約は今年4月から来年3月までの1年間でした。
 しかし、今年5月26日、貴社が派遣契約の6月末での中途解約を派遣会社4社に通知し、当初は全ての派遣労働者が解約対象となっていて、加藤容疑者もその中に含まれていたことが犯行の重要な動機となっているとみられています。
 ところで、派遣社員にとっては中途解約は解雇と同じ意味を持つので、中途解約が濫用されると派遣社員は常に雇用不安にさらされ、人間的な最低限の生活条件を確保することすら難しくなります。
 そこで、ご承知の通り、派遣社員の雇用安定を図るために、厚労省はいわゆる派遣先指針を定め、派遣先に対し、つまり貴社のように派遣社員を受け入れる製造メーカーに対し、派遣契約を中途解約する場合は、次のように、派遣先が関連会社などで就業機会の確保措置をとるよう求めています。
 「派遣先は、労働者派遣契約の契約期間が満了する前に派遣労働者の責に帰すべき事由以外の事由によって労働者派遣契約の解除が行われた場合には、当該派遣先の関連会社での就業をあっせんする等により、当該労働者派遣契約に係る派遣労働者の新たな就業機会の確保を図ること。」
(平成15年厚労省告示第449号「派遣先が講ずべき措置に関する指針」)
 しかし、私たちの知る限り、今回の中途解約にあたって、貴社がこの厚労省指針に基づく雇用確保措置をとった形跡はなく、派遣社員がうける打撃を貴社がどのように緩和しようとしたのか、私たちは疑問を抱いています。

2.そこで、以下の通りおたずねしますので、事実関係について説明して下さるようお願い致します。
(1)1年間の派遣契約をわずか2カ月で、しかも、実質的に全員一括で中途解約するほどの措置を決めたのはなぜでしょうか。経緯について説明して下さい。
(2)厚労省の派遣先指針が定める、中途解約に伴う就業機会の確保措置をどのように実施したのか説明して下さい。
(3)今後ふたたび派遣社員を受け入れる場合、今回の事件を教訓として、派遣社員に人間らしい生活条件を確保するための改善措置を検討していただけないでしょうか?

 以上、ご多忙のところ恐縮ですが、私たちの質問に対して説明する機会を設けて下さるよう重ねてお願い致します。

敬具

2008年06月20日 秋葉原事件と派遣労働 トラックバック:0 コメント:0

「秋葉原事件と派遣労働を考える懇談会」を開催しました。

akiba.jpg

 本日、ガテン系連帯は「秋葉原事件と派遣労働を考える懇談会」を開催しました。
会場となった衆議院議員会館には、メディアを中心におよそ90名が詰めかけました。

 小谷野事務局長、小谷フルキャストセントラル委員長、木下共同代表がそれぞれ発言し、労働者派遣制度=「人間使い捨て」のしくみが事件の背景にあることを強く訴えるとともに、派遣社員の実情を知らせ、こうした派遣労働をつくりだし、派遣社員をほしいままにしている派遣先にこそ責任がある、と強調しました。そして、ガテン系連帯は、働く派遣社員たちに対して熱烈に連帯を呼びかけました。

 関東自動車は自分たちの責任を省みることなく、「今後、人材派遣会社に対しては、このような不祥事が二度とないように、人材の確保、管理、監督について要請していきたいと思います」などと、まるで被害者のような顔をしています。これをこのまま放っておくわけにはいきません。

 ガテン系連帯は他ユニオンらとともに、今週20日、派遣先である関東自動車への申し入れを行い、来月25日には各党トップを招いての派遣法改正へ向けた集会を開催します。

 またこれからさらに一層身を引き締めて、派遣社員として働く仲間たちに対し、絶望するな、ともに手を取り合おうと呼びかけを広く行っていきたいと思います。

 みなさんのご協力よろしくお願いします。

akibajiken06.jpg

2008年06月18日 秋葉原事件と派遣労働 トラックバック:0 コメント:1

6/18秋葉原事件と派遣労働を考える懇談会ご案内

秋葉原事件と派遣労働を考える視点について
懇 談 会 の ご 案 内

 前略 私たち「ガテン系連帯」は、一昨年発足した、派遣労働者の情報交換、支援、政策提起を目的にしたNPOです。
 6月8日の秋葉原殺傷事件で、加藤容疑者が自動車工場ではたらく派遣社員だったことから、事件と派遣労働者現状に関する報道が多数なされています。私たちガテン系連帯にもたくさんのメディアの皆様からお問い合わせや取材の申し入れをいただきました。
 その中で、派遣労働のしくみや問題点についての誤解や予断に基づく報道がいくつかあり、私たちは、派遣労働者に対する新たな差別や職場でのいじめが助長されかねないと危機感を深めています。「犯罪人予備集団の巣窟と化した人材派遣会社」、「最近は派遣社員絡みの犯罪が後を絶たない」などはその典型的一例です。
 派遣労働者を危険視したり、派遣先(派遣労働者が働く工場を指します。この事件では関東自動車)の責任や問題を視野に入れずに、短絡的に派遣会社を悪役に仕立てて済ますやり方は誤りだと私たちは考えています。
 そこで、この事件と派遣労働の関係をどのように考えるべきかを、メディアの方々と話し合う機会を下記の通り設けました。派遣労働の制度や基本的問題点、そして、自動車工場などでの実態をガテン系連帯からレポートし、質疑討論したいと思っています。
 なお、会場の議員会館入館証を準備する都合がありますので、あらかじめinfo@gatenkeirentai.netまで、お名前、所属、ご連絡先をお送りください。



 日時 6月18日(水)10:30~12:00
 会場 衆議院 第2議員会館 第2会議室(名称「派遣労働を考える懇談会」)

*日野自動車、日立製作所など製造現場の派遣労働の実態を描いたドキュメントに、『偽装雇用 ~立ち上がるガテン系連帯』(大谷拓朗/2007年8月/旬報社)があります。ご一読下さい。
*また、6月20日には、関東自動車への申し入れを予定しています。関心のある方はFAXで お問い合わせ下されば、日程の詳細が決まり次第ご連絡します。

2008年06月13日 秋葉原事件と派遣労働 トラックバック:0 コメント:3

6/5映画「フツーの仕事がしたい」上映会@中野ZEROホール

20080604213716

お久しぶりです。
この間でもいくつか組合が立ち上がっています。
どんどんいきます、ガテン系連帯!

さて、そんなガテン系連帯の映像をとり続けてくださっているビデオジャーナリストの土屋トカチさんの映画上映会が明日開催されます。

組合とはなんたるか、その原点のような闘いの記録です。都合がつく方は、絶対参加すべきです!


以下、転送。

**************


「労働問題ブーム」をブームで終わらせない、問題作が満を持して登場!
たたかいは今からッス!

レイバーフェスタ2007、レイバー映画祭などで上映され話題となった
映画「フツーの仕事がしたい」。
最終構成版・完成記念試写会が開催されます。
監督である土屋トカチ及び制作関係者の舞台挨拶もあります。
お誘いあわせの上、お越し下さい。

日時:2008年6月5日(木)18時45分開場 19時30分上映開始
ところ:東京・なかのZERO視聴覚ホール
参加費:1,000円

当日の天気次第ですが
会場裏の紅葉山公園で
二次会も予定しています。

<<<<<<<作品紹介>>>>>>>>>

映画「フツーの仕事がしたい」

「ハッキリ言ってどん底でした。 労働組合と出会うまでは。」
(神奈川県・セメント輸送運転手/36歳)

<あらすじ>
現代社会で不可欠なインフラ、コンクリート。
そのコンクリート原料のひとつ、セメント。
この映画の主人公・皆倉さんはセメント輸送の運転手だ。
月552時間にも及ぶ労働時間ゆえ、家に帰れない日々が続き
心体ともボロボロな状態。
すがる思いで、ユニオン(労働組合)に加入した皆倉さん。
彼を待っていたのは、会社ぐるみのユニオン脱退工作だった。
自称・会社関係者は、「30万円やるから組合を辞めろ」と連日脅迫。
急死した母親の葬儀へも押しかけてきた。
皆倉さんは、過労のため難病を患い緊急入院。その時、ユニオンは・・・。
生き残るための闘いが否が応でも、はじまった!

<制作スタッフ>
撮影・編集・監督・ナレーション:土屋トカチ
ナレーション:申嘉美
出演:皆倉信和
取材協力:全日本建設運輸連帯労働組合、皆倉タエ、皆倉光弘
音楽:マーガレットズロース「ここでうたえ」(アルバム「DODODO」より。オッフォンレコード)
宣伝:「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会
制作:白浜台映像事務所/映像グループ・ローポジション
2008年制作/DVCAM/70分(予定)

映画「フツーの仕事がしたい」公式ブログ
http://nomalabor.exblog.jp/

2008年06月04日 ご案内 トラックバック:0 コメント:1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。