スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

9月24日は、レイバー映画祭です。

uy-0924.jpg

 9月24日は、ユニオンYES!キャンペーンの一環として、レイバーフェスタが開催されます。
 貴重な映画もたくさん上映されます。
 労働運動のアツイこころを感じることができると思います。
 楽しさも知ることができると思います。
 是非是非ご参加ください。
日本初!?レイバー映画祭

★2007年9月24日(月・休)  10時~21時(出入り自由)
★場所 なかのゼロ視聴覚ホール

<第一部 時代を越えて>
10:10~ 怒りの葡萄」 ジョン・フォード 1940年 米 129分
13:00~ 移民の記憶 ( 第一部父) 」 ヤミナ・ベンギギ 1997年 仏 51分 (日本初公開2007年)

<第二部 労働者の誇りとは>
14:10~ ピケをこえなかった男たち」 ケン・ローチ 1995年 英 50分
15:10~ 「君が代不起立」 ビデオプレス 2006 年 87分 (全国草の根上映中)
16:55~「本山闘争激闘34年の軌跡」 全金本山労働組合 2007年 61分 (初公開)

<第三部 日本の職場で、いま・・・>
18:25~「娘の時間・息子の場合・3 分間の履歴書」 木下昌明 2007年 9 分
18:45~ 「遭難フリーター」 岩淵弘樹 2007 年 67分 (新作。本年度、山形映画祭で上映決定!)
20:00~「フツーの仕事がしたい~労働者は奴隷か! 完結編 」 土屋トカチ 2007年 40分 (初公開)

 *各回・制作者などのショートトークあり
 *別会場の休憩室があります。

★参加費(通し券)   一般1500円  電話・メ-ル予約1200円  賛同人価格1000円
★予約・問い合わせ 電話 03-3530-8590 メ-ル labor-staff@labornetjp.org
★フライヤーPDF→こちら
スポンサーサイト

2007年09月22日 未分類 トラックバック:1 コメント:2

フルキャストセントラルと春闘で労使協定。

 ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、三月から続いていたフルキャストセントラルとの春闘交渉で、去る9月7日、東京と労働委員会の斡旋を受ける形で、フルキャストセントラルと労使協定を結ぶことができました。

主な協定内容は、
①基本給を九月分から50円アップして時給1250円にする(勤続一年でさらにプラス10円)
②作業着一着目を無料支給する
③8/23の日野自動車直接雇用者の有給残余分の取り扱いを適切な措置を行う
④新潟地震に伴う休業について平均賃金の60%の保障を行う

ことなどです。

これで日研総業につづいて、フルキャストセントラルとも春闘について妥結することができました。
みなさまのご支援、ご協力に心から感謝します。

やはり、やればできる!!ですね。
今後とも労働条件改善に向けて頑張っていきたいと思います!!

2007年09月21日 フルキャストセントラルユニオン トラックバック:0 コメント:0

10/4 国会内シンポジウム・『偽装雇用』、『日雇い派遣』(旬報社)出版記念「格差是正と労働者派遣法改正を考える」

2_hiya_b.jpg
1_giso_b.jpg

 旬報社から先日出版された、「シリーズ労働破壊」・『偽装雇用』、『日雇い派遣』の出版記念記念すると共に、国会に労働者派遣法のあり方に疑問を投げかけるべく、10/4、国会内シンポジウムを開催することになりました。

 二冊の本に登場する各ユニオンメンバーが国会に総結集します!
 是非、ご参加ください!

『偽装雇用』、『日雇い派遣』(旬報社)出版記念
格差是正と労働者派遣法改正を考える
10/4 国会内シンポジウム

 憲政史上、恐らくもっとも無責任な首相退陣劇が目の前で進行しています。この光景は、安倍晋三氏の個人的な性格、資質ばかりでなく、とりわけ2001年の小泉政権発足以降の、安易な規制緩和と、剥き出しの弱肉強食の論理に対する、各界各層から澎湃としてまきおこっている批判の昂まりに由来しています。

 一昨年来、政府・財界主流は、戦後、わが国で働く人々を根底から支えつづけてきた、労働時間規制(8時間労働制)と、中間搾取の排除という二つの柱を最終的に亡きものにしようと画策してきました。「労働ビッグバン」とは、労働法制不要論の別名です。
 しかし潮目は変わりつつあります。偽装請負、日雇い派遣といった、究極の不安定さと、雇用融解の中で呻吟してきた者たちも声を挙げはじめました。先頃、旬報社から発刊された『偽装雇用』、『日雇い派遣』は、その具体的な結実です。

 その出版を記念して、来る10月4日に、下記のような要領でシンポジウムを開催したいと思います。

 参院与野党逆転という状況下で開催されるこのシンポジウムは、出版記念というだけにとどまりません。1985年制定され、1999年の大改悪を経て、雇用劣化の元凶となっている労働者派遣法を、文字通り改正し、誇りをもって人間らしく働いて行くことができる法律に作り変えていく最初の、しかも具体的な第一歩としたいと思います。
 多くの方々の賛同と、参集を賜りたく、心よりお願いする次第です。
                                   以上

日 時 10月4日(木)13:30~16:30
会 場 参議院会館第1会議室

      司会:安部誠(全国ユニオン事務局長)
内 容 
 (1)主催者あいさつ 小谷野毅(ガテン系連帯事務局長)
 (2)激励メッセージ 要請中
 (3)パネル討論   
   パネラー=民主党、社民党、共産党、国民新党、公明党
*各党の代表に参加を要請中です
   コーディネーター(予定)=中野麻美(弁護士/派遣労働ネットワーク代表)
 (4)各ユニオン、団体発言:派遣労働ネットワーク、ガテン系連帯、派遣ユニオン、フルキャストユニオン、グッドウィルユニオン、日研総業ユニオン、フルキャストセントラルユニオン、全日建、全国ユニオンetc
 (5)まとめ      鴨桃代(全国ユニオン会長)
主 催 10.4国会内シンポジウム実行委員会
連絡先 全 日 建  電話03-5820-0868
    全国ユニオン 電話03-5371-5202

2007年09月19日 ご案内 トラックバック:0 コメント:5

UnionTube

uy.jpg


ユニオンYES!キャンペーンの一環として、立ち上げられたビデオ投稿サイト・UnionTube。ここでは、実際にユニオンを立ち上げた人たちのさまざまな姿を映像で見ることができます。まじめそうな人も、不真面目そうな人も、楽しそうな人も、怒っている人も、笑っている人も、当然ですが、いろんな人がいます。

 ガテン系連帯もいくつかビデオで紹介されています。

 是非ご覧ください!!

http://video.labornetjp.org/

2007年09月16日 ご案内 トラックバック:0 コメント:0

朝日新聞(9/16)で取り上げられました。

070916asa.jpg


 本日(9月16日)朝日新聞朝刊の生活面に掲載された、「非正社員、団結で成果」でガテン系連帯の成果が、『偽装雇用』の書評とともに、大きく取り上げられました。

 是非お読みください!!

2007年09月16日 報道 トラックバック:0 コメント:0

9/18 ユニオンYes! キャンペーン・キックオフ集会

yes.jpg


ユニオンYES!キャンペーン・キックオフ集会が9/18に開催されます。
ここ数年で盛り上がりを見せる労働組合!
この輪をさらに広げるべく、たくさんのひとたちが集まります。
ガテン系連帯も少しだけお話します。
是非是非、ご参加ください。

★9月18日(火)18:30開演
★なかのゼロ視聴覚ホール(JR中野駅南口7分・03-5340-5000)
 ・ユニオンチューブ最新映像上映
 ・組合に入った若者からの発言
 ・雨宮処凛トークショー「ユニオン作って、生きさせろ!」
参加費 一般500円
主催 ユニオンYes! キャンペーン 
   TEL03-3530-8590
   labor-staff@labornetjp.org
   http://unionyes.exblog.jp/

2007年09月15日 ご案内 トラックバック:0 コメント:2

生きさせろ!集会@新宿紀伊国屋

生きさせろ!の集会にお呼びいただきました!
この一年ほどの経験を皆さんと共有できればと思います。

そして雨宮さんの『生きさせろ!』をまだお読みでない方は、ぜひぜひ!!
ikisase.jpg


■紀伊国屋のHPの案内。
http://www.kinokuniya.co.jp/01f/event/shinjukuseminar.htm#seminar_88

第88回 新宿セミナー @ Kinokuniya
生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)刊行記念
反貧困キャンペーン「生きさせろ! 集会」


我々は反撃を開始する!
金で人を物扱いする企業、政治に反撃を開始する!
こんな世の中に黙っている必要はまったくない!
自らも辛酸を舐めてきた活動家であり作家の雨宮処凛(『生きさせろ!』著者)、気鋭の社会学者小熊英二、「素人の乱」の松本哉をはじめ、各団体で狼煙を上げる新しい労働運動のリーダーたちが紀伊國屋ホールに集結する!
これがこの日本で実際に起こっている現実なのだ!

■ パネリスト
雨宮処凛(作家・『生きさせろ! 難民化する若者たち』著者)
小熊英二(慶應大学教授)
松本 哉(貧乏人大反乱集団/高円寺ニート組合/素人の乱)
大平正巳(フリーター全般労働組合)
河添 誠(首都圏青年ユニオン)
関根秀一郎(派遣ユニオン)
池田一慶(ガテン系連帯
今野晴貴(POSSE)
冨樫匡孝(自立生活サポートセンター・もやい)

雨宮処凛(あまみやかりん)
1975年北海道生まれ。99年、ドキュメンタリー映画『新しい神様』(監督・土屋豊)に主演。00年『生き地獄天国』を出版しデビュー。著書に『自殺のコスト』『暴力恋愛』『戦場へ行こう!~雨宮処凛流・地球の歩き方~』『悪の枢軸を訪ねて』『すごい生き方』『バンギャル ア ゴーゴー〈上〉〈下〉』など。現在は生活も職も心も不安定に晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み、取材、執筆、運動中。フリーター全般労働組合賛助会員、フリーター問題を考えるNPO「POSSE」会員、心身障害者パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」名誉会長、ニート・ひきこもり・不登校のための「小説アカデミー」顧問。

小熊英二(おぐまえいじ)
1962年東京生まれ。出版社勤務を経て慶応義塾大学総合政策学部教授。主著に『単一民族神話の起源』『<日本人>の境界』『<民主>と<愛国>』など。現在は60年代の社会運動を研究中で、その観点から現代のプレカリアート運動にも関心を持っている。

■日時 9月21日(金) 19:00開演(18:30開場)
■会場 新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)
■料金 1,000円(全席指定・税込)
■前売 9月1日(土)発売開始
■前売取扱 キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5F/受付時間10:00~18:30)
■予約・問い合わせ先 紀伊國屋ホール 03-3354-0141(受付時間 10:00~18:30)
■主催 紀伊國屋書店
■協力 太田出版

2007年09月13日 ご案内 トラックバック:2 コメント:0

前を向いて歩こう!―新たなスタート!!

DSCF0101.jpg

 去る8月31日、日野自動車で始まったガテン系連帯は新たな一歩を踏み出しましたので、ご報告します。

 この場でもお知らせしたとおり、日野自動車が派遣社員の直接雇用に踏み切り、8月24日からおよそ100名の派遣社員が期間工として働き始めています。

 これを受け、
 フルキャストセントラルユニオンを結成し猛烈にほえまくった、ハリウッドスター、小谷と大沢は期間工になり、日野自動車で働き続けていく道を、
 日研総業ユニオンを結成した和田、池田は派遣の立場でさらに仲間を作るためにも、派遣社員として別の職場に移って働き続ける道を
 それぞれ歩んでいくことになりました。

 どちらもこれからもますますガテン系連帯を広げていくべく、活動を続けていきます!
 今後ともご支援、ご協力をよろしくお願いします。

 8月31日には、私たちのこれまでの成果と新たな門出のご報告をすると共に、これまでガテン系連帯を温かく見守り続けてくださった日野自動車で働くすべてのみなさんへの感謝の意を込めて、琉球弧の島々で圧制を跳ね返し、歌い継がれる島唄とオリジナル・ソングを歌いつづける男女二人組みの「寿〔kotobuki〕」を本社工場正門前に招いて、ライブコンサートを行いました。
DSCF0090.jpg


当日集まってくださったみなさん、
準備に奔走してくださったみなさん、
また足を止めて私たちの声に耳を傾けてくださったみなさん、
正門前での突然のライブを温かく見守ってくださった日野自動車のみなさん、
そして何より魂を震わす歌の数々を疲労してくださった寿のナビィさんに(Vo)、ナーグシクヨシミツさん(Gu&三線)、

本当にありがとうございました!!!!

ガテン系連帯は、みなさんのあたたかい気持ちを受け、今後さらにさらに頑張っていくことを約束します!

最後に寿が歌ってくれた、「上を向いて歩こう」の替え歌、「前を向いて歩こう」の歌詞をご紹介します。各地で派遣や期間工として働きながら何とか生きているみなさんに、この歌がとどきますように。

前を向いて歩こう

   前を向いて歩こう
    涙がこぼれてもいいじゃないか
 泣きながら歩く
   ひとりぼっちじゃなかった夜

幸せは空の上には ないよ!
    幸せは胸の中に 肝(チム)の奥に

 思い出す愛する人を
    ひとりぼっちじゃなかった夜

2007年09月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

今季限りでフルキャストスタジアムがなくなります。

 ガテン系連帯も2度にわたって訪れた宮城県営球場の命名権問題ですが、命名権が契約途中で解除されることになりました。
 「フルキャストへの事業停止命令が、契約解除条件の「社会的信用の失墜」に当たる」(河北新報)と宮城県が判断したとのことです。
 今シーズン楽天イーグルス公式戦最終日(予定通りなら10/3)をもって解除されることになるといいます。


ホームゲーム最終日で解消 フルキャストの球場命名権(東京新聞07/09/07)http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007090701000747.html

契約解消を決定 宮城県教委 フルキャスト命名権問題(河北新報07/09/07)http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/09/20070908t13020.htm 

ガテン系連帯が以前宮城県を訪問したときのの報告。
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/blog-entry-73.html
http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/blog-entry-73.html


fulsta.jpg

そのとき撮った写真。なんだかとても懐かしく思えます。

2007年09月09日 フルキャストセントラルユニオン トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。