スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日研総業の春闘、解決! &  いよいよ日野自動車が希望する派遣社員を期間工に採用へ

日研総業の春闘、ようやく解決しました!
時給100円引き上げへ
日野自動車、本社工場、羽村工場で連休手当3万円も支給


●7/26 労使協定に調印。
 日研総業の派遣社員のみなさん、すべての派遣会社の派遣社員のみなさん。そして、日野自動車の社員のみなさん。
 日頃からガテン系連帯へのご理解、ご支援ありがとうございます。

 このブログでは、ずいぶんご無沙汰していましたが、この間に今年3月から続いた日研総業の07春闘が、ようやく解決しましたので、ご報告します。

 7月26日に調印した労使協定の主な内容は次の通りです。
協  定  書 (要 旨)

1.日研総業日研総業ユニオンは、派遣社員の細切れ雇用を改善する必要性について確認。本年中に改善方向を明確にする。
2.日研総業は、派遣社員の労働条件を期間工と同一水準に近づけるよう努める。
3.時給を100円引き上げ、1250円とする。(日野、羽村で勤続1年以上。9月1日から)
4.5月と同様に8月も「連休手当」を3万円支給する。(日野、羽村で。9月20日)
5.寮費を本年7月から最大1万3千円引き下げる。(基準は別表。地域別になっています。)
6.本年8月から作業服を無償支給する。(1着目。支給基準は別途協議)
7.連休手当の制度化、寮費・備光熱費などのさらなる見直しなどについて解決に向けて継続協議する。
 2007年7月26日
    日研総業株式会社          日研総業ユニオン
    代表取締役 清 水 真 一     執行委員長 和 田 義 光


●「派遣社員の労働条件を期間工と同一水準に」と約束!
 日野自動車で働く派遣社員の年収は、期間工と同じしごとをしているのに、これまで100万円以上も低いのが現実でした。これを改善したいと願って昨年10月、私たちは日研総業ユニオンを結成しました。今回調印した協定書で、日研総業は「派遣社員の労働条件を期間工と同一水準に近づけるよう努める」と明言。今後もユニオンとの協議を継続していくと約束しています。

 私たち派遣社員の切実な要求を誠実に受け止め、改善を決断して下さった日研総業の経営陣の方々に感謝したいと思います。また、同じように、誠実な態度で団体交渉に応じて下さった日野自動車の経営陣の方々にも感謝致します。派遣社員のみなさん、日野自動車の社員のみなさんのご支援、ご協力にも心からお礼申し上げます。

 派遣社員も力を合わせれば出来る! 私たちはそう確信しました。これからも頑張ります。


■■希望する派遣社員は期間工に採用へ■■

06年9月1日から継続して勤務した人が対象者、応募期間は7/31~8/3まで

●8/24に雇用契約 
 日野自動車が私たち派遣社員の直接雇用を決定しました。そして、対象となる派遣社員全員に対して、7月30日付で申し込みを行いました。

 対象者は今年8月末日で1年間継続勤務したことになる派遣社員。希望する派遣社員は、9月1日以降はだれでも、現在の期間工と同一の雇用条件(賃金・労働条件や雇用契約期間など)で日野自動車で働くことができるようになるのです。

 これは、労働者派遣法が定める「直接雇用の申し込み義務」にもとづく措置です。

 派遣会社は、同じ就業場所の同じ業務に1年以上続けて派遣社員を派遣することができません(この制限期間は今年3月からは3年に延長)。したがって、1年を超えて派遣社員に仕事をしてほしい派遣先メーカーは、派遣社員に対して、「直接雇用」を申し込み、その派遣社員の雇用を安定させなければならない、と派遣法は規定しています。

 ところで、派遣社員を使っている製造メーカーは、派遣社員を直接雇用すると賃金が高くなってうまみがなくなるで、見かけ倒しの直接雇用でごまかしているケースが多いのが実態です。日立製作所などは、直接雇用したものの賃金も労働条件も派遣社員と全く同じ、つまり、レッテルを貼り替えただけというひどい内容でした。

●直接雇用で年収と労働条件は大幅に改善されます
 しかし、日野自動車は、こうしたごまかしをしませんでした。私たちに対して、「現在の期間工と同一の賃金・労働条件で直接雇用する」と明言して下さいました。 

 現在の期間工は、派遣社員より年収がおよそ100万円以上も多く、寮費や光熱費や備品代を差し引かれることはありません。雇用も派遣社員より安定しています。法の網の目をかいくぐる姑息な手法を用いるメーカーも多い中、法律通りなので当然といえば当然ですが、私たちの要求を真剣に受け止めて下さった日野自動車の決断を、私たちは心から歓迎したいと思います。

 私たちは、日野自動車が今後とも、派遣社員の雇用安定と労働条件のために今後とも誠実な話し合いを続けてくれることを期待しています。 
スポンサーサイト

2007年07月29日 日研総業ユニオン トラックバック:0 コメント:1

『週刊ダイアモンド』7/14号「派遣の裏側」

diamond.jpg
 いま発売中の『週刊ダイアモンド』7/14号の特集は、「派遣の裏側」
ガテン系連帯・フルキャストセントラルも大きく取り上げられています。

 派遣のカラクリとともに、業界の現状がわかる統計が掲載されていて、なかなか読み応えがあります。

 是非お読みください。

以下、
http://dw.diamond.ne.jp/number/070714/index.htmlより転載。

特 集
ハケンの裏側

派遣・請負10兆円ビジネスの大激変!


派遣・請負社員は雇用形態の1つとして完全に組み込まれ、市場は急速に拡大している。一方で、この業界ではグッドウィルに象徴される違法行為も後を絶たない。いまや10兆円規模にまで膨張した派遣・請負ビジネスの「裏側」をあぶり出した。
---------------------------------------
人材サービス業界の闇を背負うグッドウィル・グループの窮地
Ranking 主要人材ビジネス企業実力度ランキング
Column 詰める・ほめる・ノセる リクルート流営業マン育成法
[Part1] 産業別・企業別に徹底調査! ここまで進んだ非正社員活用
Column “研修”という名の人身売買 実質時給300円の外国人
Column 保険・有休・労災全部なし 虐げられる「日系人労働者」
ピンハネ、違法行為が横行! 日雇い労働者使い捨ての実態
Column 「慣習」と化した違法派遣! 家電量販店「ヘルパー天国」
[Part2] 中年男性も主婦もこだわる“ハケン社員”という生き方
Date  ネット調査で浮き彫りになるハケンの「本音と建前」
[Part3] 給与・福利厚生で満足度評価 「待遇のいい会社」ランキング
Ranking 人材ビジネス主要20社のスタッフ満足度ランキング
Matrix 働きがいのある派遣・請負会社の勢力分布図
Column 派遣会社が知られたくない時給アップ実現の裏交渉術
Data 派遣社員の地域別・職種別平均時給
Interview パソナ グループ代表兼社長●南部靖之
[Part4] ニート・フリーターにも熱視線! ユニーク派遣人材争奪戦の内幕
Table ユニークな人材派遣の事例一覧

2007年07月11日 雑誌 トラックバック:2 コメント:0

『AERA』に「闘う沖縄ガテン系派遣』」掲載!!

aera070716.jpg


 本日発売の『AERA』07年7月16日号に「闘う沖縄ガテン系派遣」という記事が掲載されました。派遣業界を震撼させつつある、沖縄のガテン系連帯の三人が紹介されています!! 

 とても良い文章をありがとうございました。
 みなさんも是非と読みください!!

<アエラ詳細>
http://opendoors.asahi.com/data/detail/8241.shtml

2007年07月09日 雑誌 トラックバック:0 コメント:0

【新刊案内】『もうガマンできない! 広がる貧困』

hinkon.jpg

今年3月24日に開催された「反貧困を訴える集会」が本になりました。
ガテン系連帯・フルキャストセントラルユニオンの小谷委員長の報告も入っています。

是非およみください。

明石書店HP
http://www.akashi.co.jp/home.htm

『もうガマンできない! 広がる貧困』

◆サブタイトル 人間らしい生活の再生を求めて
◆著・訳者名 宇都宮 健児、猪股 正、湯浅 誠編
◆本体価格 1300円
◆体  裁 四六判 / 縦組 / 並製 / カバー
◆頁  数 200頁
◆刊行年月 2007.07
◆I S B N 4-7503-2584-8

◆キャプション
2007年3月24日、反貧困を訴える集会が東京で開かれた。当日の報告も交え、非正規労働者、シングルマザー、障害者、高齢者、多重
債務者、在留外国人など、貧困にあえぐ当事者の声を収載。また湯浅誠、雨宮処凛等の論者が現状分析と解決への展望を語る。

◆内容構成
はじめに
第1部 生活――その危機と再生
 第1章 シングルマザー
 【当事者の声】DVから逃れて、時間をかけて暮らしを立て直したい(Aさん)
 【論点】女性全体の貧困の中でのシングルマザーの現状(赤石千衣子)
 第2章 多重債務被害者
 【当事者の声】やっと、多重債務から抜け出して……(Bさん)
 【論点】多重債務の解消から貧困の撲滅へ(宇都宮健児)
 3章 障害者
 【当事者の声】生きることは大変だけど――精神医療ユーザーの立場から(石井真由美)
 【論点】1 障害者の生活と経済状況――市民としての自由と尊厳を(三澤 了)
 【論点】2 制度上つくられる格差 難病の立場から(山本 創)
       ――出口の見えない訓練主義ではなく、すべての人を包含する労働施策を
 第4章 高齢者
 【当事者の声】生存権裁判にかかわって(横井邦雄)
 【論点】高齢者の福祉切り捨ての現状(舟木 浩)
第2部 労働――その危機と再生
 第5章 労働の貧困化
 【当事者の声】新日雇労働「スポット派遣」の実態と権利向上の取り組み(関根秀一郎)
 【論点】貧困化・差別化される労働と政策の焦点(中野麻美)
 第6章 新たな労働運動
 【当事者の声】騙され続ける派遣労働者たちとその現状(小谷 誠)
 【論点】貧困に立ち向かう新たな労働運動(河添 誠)
 第7章 セーフティーネット
 【当事者の声】過労死に倒れた夫に代わり、会社と闘う(中島晴香)
 【論点】社会的セーフティーネットの再構築に向けて(小島 茂)
第3部 人間――その危機と再生
 第8章 「生きること」の困難さ
 【当事者の声】作家・雨宮処凛さんに寄せられた、読者からのメール  
 【論点】自分を責めないで、堂々と社会保障を要求しよう(雨宮処凛)
 第9章 外国人女性
 【当事者の声】外国人DV被害女性の立場から(天野アンチェラー)
 【論点】外国人女性と公的支援――シェルターから見えること(高木澄子)
 第10章 メディアと貧困
 【当事者の声】テレビで放送したネットカフェ難民の証言
 【論点】メディアから見た「ネットカフェ難民」(水島宏明)
 第11章 人間の再生
 【当事者の声】憎み合わなくてもいい社会へ(金城一史)
 【論点】自らの声に気づくことがはじめの一歩(湯浅 誠)
おわりに
人間らしい生活と労働の保障を求める3・24東京集会宣言
3・24東京集会実行委員会
本書で紹介した団体および関連する団体の連絡先

2007年07月06日 本のご案内 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。